昔からお世話になってる友人に、ヒアリングのためにわざわざ時間を取ってもらい、ランチをご一緒しに行ってきました!

広告代理店の人って、どんな人と結婚するの!?
という質問に対し、すかさずまとめてくれました。

以下、私は昔同じ業界にいたので、よーくわかるのですが、そうじゃないと、あんまりピンとこないのかな。どうだろう。

他の業界でもそうだとは思うのですが、広告代理店の中も文化系〜体育会系まで幅広く、しかも個性強くそれぞれが存在しているため、どの属性の人をターゲットにするのかでまるで違ってくるというお話。

それでは、それぞれ解説。

【メディア系】
・ザ・体育会系!!
・体力とガッツが売り
・(体育会育ちなので)面倒見が良い
・慶応・早稲田出身多し
・ブイブイ言わせている(死語)
・でも、意外と保守的

【営業系】
・人当たりがいい
・Mっ気が強い
・気が利く
・話をよく聞く
・まとめるのが得意(ちなみに、友人は営業)

【クリエイター系(一部マーケティング職・デジタル系含む)】
・芸大・美大出身が多い
・考える人たち
・どっちかっていうと、アート系の仕事や設計会社、ベンチャー系とかにいそうな雰囲気
・スマート
・(人の中で揉まれていないので)幼い
・内向的

ざっくり大きく3種類ということですが、いわゆる一般的な(勢いのある飲み会していそうな)広告マンのイメージは、【メディア系】【営業系】に当てはまりますね!

この人たちは、本当に合コンにしょっちゅう行っているそうで、だいたい20代後半〜30代前半で結婚していくとのこと。しかも、やっぱりモデルやCA等、派手な女性が大好きらしく、合コンをしまっくている派手な女性幹事と意気投合して結婚、みたいのも多いんだそうです。とはいえ、育ちがよい人が多いので、手堅く、大学時代の同級生と結婚する人も。ちなみに、結婚したら専業主婦の人が多いのだとか。アドバイスするとすると、30代後半でまだ独身で遊んでいそうな人は、本当にタチが悪いので、やめておけ!だそうです。

この属性の人たちは、バツ率も高く(40%くらい)、結婚しても浮気している人ばっかりで、基本的に関わると不幸になることから、結論から言うと、結婚相手としてはある意味オススメしないとも。

ということで、この業界で結婚相手として狙うべきは、絶対【クリエイター系】!という結論に。

そんなに合コンに等にも顔を出さず(内向的だから)、“考える人”なので話は面白いそう。実際、社内結婚も多く、価値観さえ合えばOKなので、フットサル等の趣味のサークルで出会ったりも。健全ですね!

ちなみに、こちらの会社の人を狙って派遣登録する方も多いようですが、実際に派遣の人と結婚するのは少ないそうです(まめ知識)。

・・・と、ある意味イメージ通りと言えば、イメージ通りの感じもしますが、基本的に「育ちが良くて、頭のいい、スポーツもできて、しかもイイ奴!」が多いとのことで、そんなパーフェクトな人たちは、そりゃあモテて当然で、必然的に常に他の女の人に狙われる(浮気)リスクがあるという、永遠のテーマに行き着いて、ヒアリング終了。(時代は違いますが、アメリカの広告代理店を描いた「マッドメン」をご参照まで。)

ちなみに、私が昔いた会社ではありませんので、あしからず(前の会社は、もっと普通)。

東京港区六本木の完全オーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから