41歳女性の方が48歳の政治家の男性とご成婚されました!

約半年の活動で結果を出されたので、傍から見ればとても順調のように思えますが、ご本人は「もう二度とやりたくないですね(辛すぎて)!」とおっしゃるくらい、短期間にギュッと濃縮して頑張られました(最初から半年と自分で婚活期間を決めて、その代わりその間は婚活に注力されていました。)

婚活に限らず、何事も自分の納得する成果を出すためには、「もう限界〜!」と思えるところまで自分を追い込んで頑張る必要があるんですね。私も勉強させていただきました。

そして、彼女が成婚に至った大きなポイントが二つ。

一つは、お相手に望む条件が明確だったこと。
彼女の場合は、一つの条件だけは譲らず、その代わり、それ以外の条件は捨て、年上であっても、バツイチ子持ちであっても、見た目が素敵と言えなくても、まずはお会いされていました。

皆さん、やはりどうしても「外見もそれなりで、年収もそれなりで、年齢もできるだけ近い人で・・・」とあれもこれも希望する方が多いのですが、やはり今回の彼女のように自分の結婚観(条件)を明確にしてお見合いに臨むと成婚への道のりは早いです。(逆に言うと、何かの条件をドラスティックに捨てていかないと、欲張っている人はなかなか前に進みません。)

そして、もう一つは、多くの方とお会いして比較対象を作ったこと。
約半年で24人の方とお会いした結果、運命の人にたどり着きましたが、その過程において、とても自分勝手で振り回される男性とデートを重ねている時期がありました。その男性の後に出会ったのが、ご成婚相手なのですが、その自分勝手な男性がいたからこそ、彼の思いやりや優しさの素晴らしさに気付くことができ、そして心から感謝できたことが結婚の決め手となりました。

具体的には、デートした後に「ちゃんとお家に到着しましたか?」という確認のメールをしてくださったり、荷物が重そうなときはちゃんと持ってくれたり、そういう些細なことが、とても嬉しかったそうです。

ちなみに、男性側が彼女を気に入ったシーンの一つが「自分が欲しいタイミングでティッシュが出てきた」ことだそうです。気が利く女性だと思われたんでしょうね。婚活中の方は、ハンカチとティッシュは持ち歩きましょう(笑)。

皆さん、「条件がぴったりの人を1〜2人紹介してくれたら、結婚できるはず」と思っていらっしゃる方が割りと多いのですが、案外それだとその人の良さが分からず、結局決められないんですよね。遠回りのようでも、たくさんの人にお見合いしないと、なかなか運命の人を見つけ出すことができないというのが、一つの真理でもあります。

「半年で決める!」と有言実行された女性会員様。その行動力と潔さは素晴らしかったと思います。

どうぞ末永くお幸せに。