男の人は、よく言いますよね。

ドストライクの顔の女の子なら、多少の我儘も許せるって。
でも、それって若い時(せいぜい27歳くらい)の話であって、結婚生活も続けていけるものなのでしょうか。

私を含め、女性はドストライクの顔の男性と付き合うことが少ないです。
そもそも顔をそこまで重視していないし、基本的に受け身だし、仮に顔だけでなく中身もドストライクの男に出会い、自分から積極的にアプローチをしても、自分が男性のストライクゾーンから外れていると、結局うまくいかないとわかっているので、負け戦はしないように遺伝子にインプットされている。

逆にどんな女性であっても、世界中の誰かにとってはドストライクになりえると私は信じています。もしかしたら、その相手は外国人だから一生出会えない人もいるかもしれないけれど、きっといる!

でも、自分のことをドストライクだと言ってくれる男と結婚したら、幸せになれるのでしょうか?

今迄の人生で「ドストライク」と言ってくれた男の人はいて、その人達は例外なく、とーっても優しくしてくれるし、情熱的なアプローチをしてくれました。でも正式に付き合うことがなかったので、(付き合ってもよかったけど、他に気になる人がいたりして、タイミングが悪かっただけ)、ドストライクといってくれた男と、いい関係を継続できるのか、正直なところ、よくわからないのです。

あの時、あの彼と付き合っていたら・・・・

そんな風に昔を懐かしむこともありますが、個人的には「一目惚れ」はいいけれど、それは顔が「ドストライク」ではなく、過去も含めた今の自分に魅力を感じてくれる人がいいな♪

自分の話で恐縮ですが、うちの夫になぜ私をデートに誘ったのか聞いたところ
「サハラ砂漠に一人で行った話を聞いて、面白い女だと思った」と。
もしそこで「可愛いと思った」「顔が好みだった」と言われたら、不安になった気がします。

もちろん男もバカじゃないから、「顔」だけじゃない・・・みたいな言い方をする人もいますが、ちゃんと中身を見てくれた上で好意を抱いてくれているのか、顔の比重が大きいのか、女は敏感に察知しているもの。

女としての旬は短いとわかっているから、人生を共にするなら、たとえ花が枯れても、自分を好きでいてくれると思える男性を選ぶのが女という生き物なので、男性は外見抜きに女性を好きになれないことは十分承知していますが、ちゃんと内面も見てあげてくださいね。

ワンランク上の結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから