理想のパートナーとして挙げられることの多い「一緒に成長できる人」という条件。
先日も女性会員様が「一緒にいて、成長できる人がいいと思いました」と仰っていたのですが、そのことを交際会相手の男性にお話したところ、あまりいい顔をされなかったとのこと。

交際相手の男性は高収入の経営者なので、成長することの重要性は理解しているはずですが、家でも求められたいかというと、どうなんだろうと思うわけです。

ちょうど先日、アラフォーイケメンコンサルタント(バツイチ)が「一緒に成長できる女性が理想」と仰ったのを聞いて、田口個人は「こういう男とは結婚したくないなあ」と思ってしまったばかり。(※一般的には女性が憧れるようないい男です)

一緒にいても成長できないと思う人には惹かれないけど、一緒に成長できることを求められると、休むところがないというか「癒される場所がない」と思ってしまうのです。

たとえば前述の「一緒に成長できる男性」を求めた女性会員が、「一緒に成長できる女性」を理想とするコンサル男性にお会いすれば、ぴったり!ということでもないのです。女性はなんとなく漠然と考えているのに対し、アラフォーコンサルは客観的に見ても、かなりの努力を積み重ねてここまできており、なんとなく「一緒に成長したい人」等と口走ったら最後、

「今までどんな努力をして成長を目指してきたのか?今はどうか?」を突っ込まれることでしょう。

婚活の難しさは、本音をそのまま伝えることが、必ずしも正解ではないということ。
自分の言動や行動が、相手にどんな印象を与えるかを、常に考えなければいけないし、もっと大切なのは、お相手に求めることは、自分も求められる覚悟が必要だということ。

お相手に求める条件が増えるほど、自分もたくさん求められるし
お相手に求める条件の質が高い程、自分も質の高い人間であることを求められる

婚活とは結局、お相手を見ているようで、実は自分が写し出された鏡と対面しているようなものなのです。

ワンランク上の結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから