年齢に比例して、男女の出会いが減っていく。
これは誰にでも起こりえる現象。
理由は単純で、年齢が高くなるに従って、既婚者の数が減っていくのだから、当然なんです。

そこでネット婚活や結婚相談所に入会することで、出会いは捻出できるのですが、そこから先に進むのが一苦労。

20代での恋愛経験が少ないと、恋愛の進め方がわからないし
20代での恋愛経験が豊富でも、結婚を前提とした場合、恋愛と何が違うかわからない
20代、30代で恋愛経験・人生経験が豊富であっても、40代で出産を望む場合、お相手に選ばれるのが非常に難しい。

そこで婚活カウンセラーの出番になります。

皆さん、壁にぶつかると「婚活は難しい」「お見合いは難しい」と言い出すのですが、お見合いをして(要するに誰かに出会い)、すぐに結婚できるのであれば、婚活しなくても結婚できているんです。

世の中には、自分に好意を寄せてくれる男性が、自分の理想とはかけ離れていても、受け入れて結婚していく女性は山ほどいます。
お付き合いの途中で「彼、〇〇なんだけど、どう思う?」と女友達同士で悩みを相談しあいながらも
「でも、自分のことを好きだと言ってくれるのは、この人だけ」という理由で、人生を共にしていくことを決意しています。

ずーっと前に、社内恋愛をしていた友人とこんなやり取りがありました。
友人「女の先輩たちが、彼のことを「仕事できないKY」って言ってたの。私達が結婚するって発表したら、驚くだろうなあ」
田口「仕事できないKYでいいの?」
友人「いいところもあるんだよ」

彼女は私の友人グループの中でも、1番聡明だったので、「こんな頭のいい人が、仕事できない男と結婚するの?」と私は心の中でずーっとモヤモヤしていたのですが、仕事ができる人なんて全体の2割だとしたら、ほとんどの男は「仕事ができる」カテゴリーには属さないわけで、2割の男を奪い合うのも疲れる話だなあと思うようになりました。

お見合いだろうが、社内恋愛だろうが、その他の出会いだろうが、結局は同じこと。

譲れない条件を挙げたところで、自分を好きになってくれる男でなければ始まらない。
ちょっと顔が可愛いければ、お付き合いまでは進みますが、中身がなければ、結婚まで至らない。

婚活とは結局、自分の今迄の全人生を賭けて勝負するもの。
男性の場合は、学業での成果や、仕事の成功が、成婚に直接つながりますが
女性の場合は、仕事やプライベートを通じて、どれだけ懐の深い人間になれているかがで勝敗が決まる為、ひたすら自分との闘いなります。これは客観的に分析しながら進めるのが難しいので、是非、タイザノットを頼って頂ければと思います。

ワンランク上の結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから