子供の頃はそっくりの双子の姉妹であっても、歳を重ねると、環境や努力により、双子とは思えないほど外見が変化するという興味深い話を聞きました。

友人が、地元(地方)で生活しているアラフォーの双子の姉妹に久々に会ったところ、「10歳くらい年齢差がある姉と妹」のように見えたそうです。双子なので、顔のつくりはもちろん肌質や髪質も似ているはずで、それは衰えるスピードも同じだと思いきや、年上の男性と結婚した姉と、8歳年下の男性と結婚した妹では、妹の方が確実に若返っていたのだとか。

「やはり若い男と結婚したいよね」じゃなくて(30過ぎて年下の男性に求婚されるには、より女性としての魅力が必要!)、努力次第で何歳になっても、若さと美しさを維持できるということが言いたいのです(自戒を込めて)。

私自身も、同年代で色白毛穴レスの友人を見ると「もともと肌が綺麗な人だし、私とは違う・・・」と、羨ましがるだけでしたが、努力である程度変われるのであれば、頑張る価値はあるような気がしてきました。

10歳近く年上の男性と結婚するのが嫌だという女性は、男性が想像するより遥かに多いのですが、お相手に若さを求める限り、こちらも若さを求めあれるわけで、それは人並み以上の努力をしていく必要があるということ。

今のままで「若くて可愛い」と思ってもらえるのは、年上の男性。
常にアンチエイジングに全力を注いでお付き合いをしなければいけないのが同年代~年下の男性。

どちらのフィールドで戦うか決めるのは、あなた自身です。

東京港区六本木の完全オーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから