男性会員との面談で、交際中の女性について感想を聞いていたところ
「頭がいいのはわかるのですが、全く可愛いと思わないんです」と仰っていて、女にとって「可愛げ」って、永遠のテーマだと改めて感じました。

顔が可愛いとか、服装が可愛いとかよりも大切な「可愛げ」。
男に媚びるわけでもなく、ぶりっ子(死語)でもない、可愛げって何だろう?と思うのです。

自分のことを「可愛げがある」と自覚している女性は殆どいなくて
私から見たら「超かわいいよな~」と思う女友達でさえ
「旦那から、可愛げがないって、いつも言われる」と言っていたほど。

定義があるわけではないので、周囲の友人などを見て
「可愛い!」と思ったら、じっくり観察してみてください。

先日,タイザノットを成婚退会されたご夫婦とお会いした際
旦那様「今度、新居に遊びに来てくださいよ」
前波「わー、いいんですか?嬉しい♡」
と言っていた時の前波の可愛さと言ったら・・・その横で無言で微笑んでいるだけの私って、感情表現が乏しいなあと反省しました。

友達にも「どんな料理を作ってあげても、いづみちゃんは無反応」と言われたように
私は「美味しい♡」とか、「うれしい♡」という感情を出さないことが多く
これって、可愛げがあると対照的だなあと思うわけです。

そんな私でも、「可愛げがある」と言ってくれる友達曰く(男に言われないところがいまいち)
「田口いづみは、好きな男には、ひたすら素直で従順」なんだとか。

それは認める!(笑)

24時間誰に対しても、可愛げがあらう女でいることは難しくても、一時的ならできるはず。
それが彼氏なのか、彼氏候補なのか、お見合い相手なのかは、人それぞれですが
本気で婚活をするのであれば、男性と話した後に「今日の私はどこが可愛かったか」を毎回振り返ることから、はじめてみてはいかがでしょうか。

東京港区六本木の完全オーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから