「なかなか、お相手との距離が縮まらない」という相談を多く受けます。
お見合い後の一般交際だけでなく、真剣交際(お相手を1人に絞って、結婚を前提に交際する)前後になっても、同じように悩んでいる方が多いです。

距離の縮め方としては、例えば「敬語を使わずに話す」とか、「下の名前で呼び合う」とか、そういった表面上のテクニックはもちろんありますが、それ以前に大切なのが、「自分を曝け出す」ことなんです。

曝け出すというと大袈裟ですが、要するに「効率重視の会話」じゃなくて、「遊びがある、無駄な会話」を目指してみる。
これは男女の恋愛に限らず、仕事でも同じです。

例えば、先日、私はIBJ本社で、結婚相談所を新規で開業された方々向けのセミナーの講師を務めたのですが
担当者と当日の資料のやり取り等をする中で、メールに一言添えました。

「PS.当日の服装が決まらず悩んでいます(笑)」←(笑)も大切!

写真撮影があるので、服装もセミナーに無関係ではないのですが、この一言はビジネスメールには本来不必要。
それを敢えて追加する。
仕事のことだけを考えると無駄な一言ですが、冗談を言いあえるくらいの関係を築いていた方が、当日の進行はスムーズになり、私はリラックスした気持ちで講師を務めることができるのです。

男と女の距離感も同じで、デートの前のLineなどで、クスっと笑いあえるようなやり取りをしておけば
待ち合わせ場所で出会った瞬間に笑顔がこぼれるし、話題にも事欠くことはありません。
デートだって、ほんの少し事前準備をしておくだけで、当日の楽しさが違ってくるのだから、そういう努力は惜しんじゃダメなんです。

と偉そうに書いてみましたが、IBJのセミナーの当日は、とにかく暑かったのと
最近、太ってきたのがどうしても気になって(夏は運動しないので大抵太っています笑)、流行でもなんでもなく、カメラ映りも考えていない、ひたすら涼しくて着心地のいいワンピースを選んでしまい、相変わらず私は詰めが甘いと反省しました(笑)

エグゼクティブの為のオーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから