GWはラクチン服で過ごしたい人が多いのか、東京都内のどこに行っても老若男女問わずデニムを着ている人が多い気がします。
夏が近づいてきていることもあり(もちろん流行でもありますが)、裾をロールアップしている率も高い!
でも、若い子たちと違って、大人がデニムを素敵に着こなすのって、本当に難しいですよねえ。

ヒルナンデス!で「年下くんと代官山でデートする時の服」というテーマで、アナウンサーの吉川美智子さん(62歳)と、女優の伊藤かずえさん(50歳)が、ファッションコーディネートをしてもらうという企画がありました(興味がある方は、伊藤かずえさんのブログを読んでくださいね!)。

「年下」「代官山」という二大テーマだったこともあり、二人ともデニムのコーディネート。

吉川さんは、ベルボトムのジーンズに、顔色をよく見せるために赤いトップス、その上にベージュのジャケットを羽織るスタイルで、伊藤かずえさんは、サマースエードのスカートに白いTシャツ&Gジャン。

二人ともスタイルいいし、美人だからお似合い!
特に伊藤かずえさんは、実年齢50歳ということですが、普通にその辺にいたら、40前半くらい(要するに田口と同い年くらい)に見えると思うので、アラフォーが年下くんとデートをする時のファッションとして参考になるわけですが、ふと現実に戻り、年下くんとデートすることを想像した私は、「デニムは着ない」という結論に至りました。年齢が少しでも近く見えるように若作りしているのが、客観的に見て痛々しいから、逆に年上女の貫禄が出るような服を選ぶと思います(きっぱり!)。

そう考えると、年下男と付き合うのって、疲れるなあ~。

お見合いだって、同年代(アラフォー以上は、5歳の年の差はもはや同年代です)の男性がお相手だと、「この人は、もっと若い子といつもお見合いしているんだろうなあ」「勝てないなあ」とウジウジとメイクしたり、服を選んだりするのも面倒だと思ってしまう私は、今もし独身で、お付き合いをするのであれば、おじさんをターゲットにするだろうなあと思ったのでした。

東京港区六本木の完全オーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから