GWに神楽坂のリストランテ・カルミネに行き、久々にアマトリチャーナ(パスタ)を注文しました。
食べるのも久しぶりなら、作るのなんて何年ぶりやらという感じのアマトリチャーナ。
婚活時代に「得意料理はアマトリチャーナ」と答えていた私は一体どこへやら?(笑)

20代半ばくらいまでは、得意料理を聞かれると「餃子」と答えていましたが、イタリア旅行に行ってからは「アマトリチャーナ」と答えるようになりました。アマトリチャーナはローマ北部の郷土料理で、材料はトマトとパンチェッタ(厚切りベーコン)、たまねぎ、オリーブオイル、パルメザンチーズのみでできるお手軽なパスタです。「得意料理がパスタ」だと、ただ麺を茹でて、キューピーとかのソースを絡めてるだけじゃないかと思われそうですが、「アマトリチャーナ」は、カルボナーラやペペロンチーノほど有名ではないため、「他のパスタも得意なんじゃない?」と思わせることができるのがポイント!

かつて私が得意料理として挙げていたアマトリチャーナですが、元々はイタリアンが得意な友達のブログを見て、自分で作ってみた直後に、たまたまデートした年下の男の子にその話をしたところ、それはもう言葉が出ない(ように見えた)くらいに彼が感動してくれたため、「これは、うまく伝えれば、男心を掴めるぞ」と味をしめ、毎回「アマトリチャーナ」と答えるようになったのでした(笑)

ちなみに、その年下くんは、父親の仕事の関係で、小学校までローマで暮らしていた為、アマトリチャーナをよく知っていたけれど、それを作る日本人女性に出会ったのは初めてだったそうです。

得意料理を聞かれたら、本当のことをただ答えるのではなく、その中に何らかのエピソードを盛り込んでおく。
それくらいの気概がないと、厳しい婚活戦線は勝ち抜けませんよ!

東京港区六本木の完全オーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから