「いい人だけど、好きという感情がわかない」

という悩みが本当に本当に多いのですが、それはネットやSNSの普及により
恋愛小説を読んだり、恋愛映画、恋愛ドラマを観る機会が減り
「恋」というものに触れることが極端に少なくなったからではないかと思いました。

「マディソン郡の橋」というメリルストリープとクリントイーストウッドの昔の恋愛映画。

人妻が通りがかりの男と本物の恋におちてしまうというストーリーですが
不倫であるとか、4日間の恋とか、内容はこの際どうてもよくて

二人の恋愛模様として描かれている中で印象深いのが
家族のだれもが乱暴にドアの開閉をしていたのに
浮気?相手のロバート(クリントイーストウッド)だけが、静かにドアを閉めるシーン。

それを見て人妻(メリル)は「いい人」と呟きます。

そう!
恋とは、こういう日常の些細なところから始まるものなのです。

何度デートを重ねても、相手を好きなれないという方は
こういった洞察力や、お相手の言葉に鈍感になっていませんか?

最近、ときめかないな~、恋する気持ちを思い出せないな~
という方は、恋愛映画を3本くらい見て、大泣きしてみてはいかがでしょうか。

もちろん現実には、映画のように激しく愛し合うみたいなことは起こりませんが
それを、つまらないと思うのではなく、心が柔軟になり、他人を見る目が少しでも優しくなれば
あなたの未来はきっと変わると信じて、まずは実行してみることをお勧めします。

エグゼクティブの為の完全オーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから