予約が取れない!と言われ続けたアマンのブラックアフタンーン・ティー。

どうやら最近は予約が取りやすくなったようで、お誘いいただき、有閑マダムのようなひとときを過ごして参りました。

ご一緒させていただいた方は、高校時代の同級生とご結婚されて、現在一児の母ですが、途中いろいろあったとは思いますが、ご主人が海外にいた時期は遠距離でしたでしょうし、よそ見をせずに、ずーっとお付合いし続け、こうして今幸せな夫婦でいるって、なかなかすごいことだよなぁ、と感心。

断捨離的な“迷ったら、捨てる”というか、執着しているものを手放して、前進することが是、とされるような風潮もありますが、

「もっといい人がいるかも!いるに違いない!」と、青い鳥を探し続け、樹海に迷い込み戻ってこない夢見るお姫様・・・みたいなパターンは、よくある話で、

若いうちに素敵な人を捕まえ、そのまま結婚していく人は、下手に欲を出さず“手放せない勇気”があった人とも言えましょう。

今、手にしているもの、お見合いであれば、今、お申し込みをしてくれている人に感謝をして、大事にしていくことも、とても重要。

「この人は、ここが足りない!私にはもっといい人がいるはずなの!」とバンバンお断りされる方は、案外、もっと若いうちに素敵な人と出会っていても、同じことをしていた可能性も大(青田買いできないタイプ)。

もう、それってキリがないんですよね・・・。なんでもそうだとは思いますが、足るを知らないことは案外不幸なこと。

しかも、婚活の場合は、それをやっている間に自分は歳を取ってしまう訳で、実はもっといい人が出てくる可能性というのはどんどん低くなっている、という現実があるので、どこかで「今手にしているもの(今、申込いただだいている方)で、充分幸せだな」という再発見をしていかないと、いつまでも自分の手元に幸せは残らないのだと思います。

・・・なんてことを考えながら、約2時間アフタヌーンティーを堪能しましたが、通常ホテルでお茶を飲んだら1500円とかしますが、何杯飲んでも大丈夫ですし、スコーンもチョコレートも食べ切れないぐらい出てきて、約5000円というのは、とてもコストパフォーマンスが良いと思います。

デートにも、ぜひ♡