譲れない条件の中として「リードしてくれる男性」「包容力のある男性」を挙げる女性が多いですが、
あまり期待しすぎると、自分が描いた妄想を追いかけるだけの人生になってしまうので要注意。

いつまでも少女漫画のヒーロー、もしくは全力で愛情を注いでくれた父親のような男性を探し続けていて、少しでも男性の中に「頼りなさ」「弱さ」などが垣間見えると、シャットダウンしてしまう。

自分はそれほど仕事を頑張っていなかったり、あわよくば寿退社も狙っているというのに、男性には「仕事を好きでいてほしい」「仕事を頑張っている人がいい」と求める女性も多いですよね。

好きな仕事でなくても、愚痴を言いながらであっても、出世意欲がなくても、家族の為に仕事を辞めずに働き続けるという気持ちがあるだけで、結婚をしている(したいと願う)男性は尊敬するに値すると思いませんか?

女性には様々な選択肢(総合職、一般職、契約社員、派遣社員、専業主婦、時短勤務など)があって、迷うこともあるけれど、一生家族を養う義務がある男性と比べたら、どれだけ生きるのが楽なことか。
お金稼ぐって、そんな簡単なことじゃないんです。

男だから、包容力があるわけでもないし
男だから、リードできるわけではない

女性が誰かに甘えたいように、男性だって誰かに甘えたいわけで、性別が男だから、強いわけではないんです。
一生働く意志があるだけで、男としての責任は十分果たしているので、それ以外では「男は弱い生き物」でいい。
そう思うと、すごくラク!
少し頼もしい部分を見ただけで、「さすが!」と思えてしまうから(だから男に甘いと言われるのかもしれませんが笑)。

私のように男は弱い生き物とまで思わなくてもいいので、せめて「男だって、そんなに強くない」と考えることができれば、今後のあなたの婚活は、きっと劇的に変わると思います。

エグゼクティブの為のオーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから