はあちゅう氏の「結婚にはデメリットが多い」といった内容の記事に対して、山本一郎氏が思いを綴った記事が1万リツイートされた、という話題が少し前にありましたが、私は内容に言及したいというより、この記事が1万回もリツイートされたという事実に、あることを思い出しました。

独身生活が長かった、私(コンサルタント前波・晩婚)。

結婚して何に驚いたかというと、あれだけ「でもさぁ、結婚すると自由になる時間もお金も無くなるし、そんないいもんでもないよ〜。」と、“そんなにオススメって訳でもないよ”的な会話をしていた友人たち(既婚組)が、

結婚が決まった途端、

「よかったねー!!結婚ってほんと良いもんだよ(大絶賛)!!!」

と、発言をみんな一斉に翻すという事態に遭遇。

・・・ごめん。みんな、今まで気を遣ってくれてたんだね(全く、気づかず)。

「結婚、最高!!」とシュプレヒコールをあげるのも、つつましい日本人はあまり好まないのでしょうが、普段、謙遜しているだけで、本当はみんなやっぱり“結婚っていいもんだなぁ”と思っているという事実が、この山本氏の記事の1万回リツイートなんだろうなぁと思った次第。

周囲を見ると、女性よりも男性の方がなかなか結婚に踏み切らないような方が多いようにお見受けしますが、

既婚男性の方も、本当は結婚して良かったな、と心の中では思っていても、周りにそれを表現することがあまりなく、そのため、それに続く後輩たちにもあまりその良さが伝わらず、“結婚は墓場”となんとなく思っている若者も多い、という側面もありそう。

ぜひ先達である既婚男性は、世の晩婚化、少子化対策として、

「結婚ってほんといいもんだよ!」

と後輩たちに言いふらしてもらえたらと思います。