成婚退会されたアラフォー女性が、プロポーズの際に「仕事を続けても、辞めてもどちらでも構わない」と言って頂けて、とてもありがたいと感じたと仰っていました。

これは私が独身時代(アラサー)に、最も贅沢だと考えていた条件です。

妻に「働かなくてもいいよ」と言える男性は、ある程度の年収があるということですし
その上で「働いてもいいよ」と言えるのは、女性の意志を尊重してくれている男性ということですからね。

実際に、アラサー婚活時代に、いわゆる三高(高収入、高学歴、高身長)の男性に、この条件を突き付けられた時
「ここで、この人の提案にのれば、私は好きなことをして生きていける!」
と思い、友達に相談(というか話を聞いてもらっただけですが)しながら、散々考えましたが、結局、お付き合いはせずに終わりました。

しかし40代になり、この仕事を始めた今の私が、一番贅沢だと感じる条件は、「若さ」。

アラフォー女性で婚活が長引いてしまう方の殆どが、お相手の年齢を受け入れられないから。
すごく年下の若い男性を求めているわけではなく、同年代を求めているだけなのに、なぜ?と思いますよね。

「同年代」なんて、20代の頃なら、条件でもなんでもなく当たり前だったのに・・・
しかし、年齢を重ねた男女が、どんなにお金を出しても買えない「若さ」は、いつの間にか何よりも贅沢なものになってしまっているので、その現実を受け入れられないと、結婚までの道のりは遠くなります。

これは女性にだけ言えることではなく、男性だって同じこと。
40歳過ぎた男性は、30歳前後の女性からみたら、立派なおじさんだということを自覚する必要があることを忘れないでくださいね!

ワンランク上の結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから