アラフォー女性の成婚報告が続く中、若い女性も活動しているんだぞということのアピールです(笑)

結婚相談所で活動をしている人は、30代以上の男女というイメージがあり、その通りなんですが、若い方もいるんです(もちろん熟年層もいます)。

お育ちがいいお嬢様で、身元の確かな男性と、早めに結婚したい女性だったり、家庭に入りたい女性だったり、お友達がみんな結婚して焦っていたり・・・ご入会の理由は千差万別ですが、最近多いと感じるのが

「会社の先輩を見て、何か問題があるように思えない(むしろ綺麗)のに、35歳以上で独身の女性が多く、自分もそうなるのではと不安になった」というもの。

私の友達(40代)なんか、女の後輩に「私、〇〇さんみたいにアラフォーで独身でいたくないんです」と面と向かって言われたらしく、さすがに親しき中にも礼儀ありだろとボヤいていました。

同じく40代で結婚した女友達は、これまた会社の後輩に「(その年齢で結婚できるなんて)奇跡です」と言われたというから、20代の子たちから見たら、アラフォー独身女性なんて化石みたいなものなのでしょう(苦笑)

少しでも若いうちに活動を始めた方が、素敵な方に会える確率が上がりますので、結婚相談所をご検討されているのでしたら、決断することをお勧めします。

20代の頃、不倫に疲れ果てた友達は、結婚相談所に入会し、すぐに結婚・出産してママとして幸せに暮らしていますが
それを聞いて、焦って迷ってジタバタしたけど、結婚相談所に入会せずにいた友人は、10年以上経った今でも独身のままです。
(ちなみに私は結婚する気がない彼氏のことで、ずっと悩んでいました)

30過ぎて、彼氏がいなくて、出会いもないのに、何もしないでいるというのは、ジワジワと下がり始めている株価を、奇跡を信じて、ただただじーっと眺めているのと同じこと。

老いが確実に忍び寄ってきているという現実を踏まえて、今何をすべきか考えましょうね。

エグゼクティブの完全オーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから