タイザノット初のご成婚は、2015年8月にご入会された34歳男性(会社役員)でした。

お見合いでは、出会いから3か月で結婚の意志を固めるというルールがあります。今回、ご結婚が決まった方は、スケジュール通り3か月でプロポーズ。具体的な道のりを、ご紹介させていただきます!

≪1か月目≫1月下旬
◆お見合い
◆1回目のデート(銀座フレンチディナー)
◆2回目(ラーメンデート)
◆3回目(月島でランチ)
◆4回目(バレンタインデート)

毎週1度はデートをしているものの、女性側の反応が薄く不安な日々が続きました。男性はとても彼女を気に入っていたので、バレンタインデート後にタイザノット→女性側の相談所に確認したところ、「今まで感情が動いてなかったが、やっと少しだけ動き始めた」との報告。前波&田口としては「少しだけか・・・」という気持ちもありましたが、少しでも動いたのであれば可能性が出てきたという思い応援を続けます。

また、4回目のデート(お見合いから約1か月)では、男性がはっきりと女性に伝えています。
「決断を迫ったり急いだりするつもりはないけど、今後のこともちゃんと意識しながら、これから2か月・3か月接していきたいと思ってる」
やはり、ただ食事を繰り返しているだけではなく、この時期には気持ちを伝えることが大切!

このデートを機に、今までのデートは、すべて男性がプランニングしていましたが、次のデートは女性が企画すると申し出があり、女性も積極的に関わろうとしてくれれていることが感じられてきました。

≪2か月目≫
◆5回目(女性の地元でデート・1日遠出デートの提案)
◆6回目以降は、距離を縮める為に平日夜&週末デートの繰り返し
◆鎌倉一日デート
◆鎌倉デートで真剣交際を言い出せず、次のデートで見事成功!

≪3か月目≫真剣交際開始~3月上旬
お見合いのお申込み等が一切遮断される真剣交際期間に突入。女性がご両親に彼の存在を打ち明けたところ、お互いの家族への挨拶の日取りが決まり、とんとん拍子に進み始めました。真剣交際後のスケジュールは次の通りです

≪正式プロポーズ≫4月下旬
≪両家へのご挨拶≫GW
≪タイザノット退会≫5月末