女性の婚活で一番苦しいのが43歳である一方で(44歳を過ぎると子なし人生に向かう為、お相手の選択肢が広がり、少しラクになります)、43歳の男達は、まさに男盛りの時期を迎えていると思う今日この頃(既婚男性の話)。

金銭的も仕事にも余裕がでてきて、子供も小中学生くらいになり、父親としての責任も果たしていて頼もしくなってくる時期なのだろうと思います。久々に同級生に会ったりすると、顔つきも違うし、言動に余裕もあるし

「こんなにイイ男だったっけ?」と驚くわけです。

多少、お腹周りに肉がついてきていても、それがいい感じに貫禄になるので、女性と違ってデメリットにならないのが悔しい限り。

2017年は同年代の男友達と2人で飲みに行くことが多かったのですが、例外なくみんな浮気をしているという恐ろしい現実を目の当たりにしました。浮気をするような男だから、私と二人で飲みに行くのかもしれないけれど、まあそれはいいわけ。私は男の素行について、とやかく言わない主義なので。

ただ、適齢期の女の子に手を出すの止めて・・・というのは職業柄、言わずにいられず
説教っぽくならないように、一言だけ釘を刺すのですが

「あっちから寄ってきた」みたいなことを言うわけです。モテ自慢なのか、なんだかしらないけど、結婚願望のある世の中の全ての女の子に声を大にして言いたいのは「結婚したいなら、20代後半以降で不倫しちゃダメ!」ってこと。

私も独身時代、一人だけ「この人なら、不倫してもいいな」と思った人がいました。20代前半に知り合ったのですが(所属する組織の企業パンフに毎年掲載されるレベルのかっこよさ)、ちょうど本気で婚活を始めた32歳の時に再会し、なぜか今度はデートに誘ってもらえるという信じられない事態になるんですねえ。彼の後輩からは

「〇〇さん、すっごいモテるんですよ。いづみさんのこと誘うわけないじゃないですか。それ社交辞令ですよー」(←失礼な奴)と言われるくらい不釣り合いでしたが、私の人生でこんな素敵な人とデートするチャンスは二度とない!と思い、もちろんデートはOK。口説かれたわけですが、私の中で「ここで彼と不倫関係になったら、絶対に婚期を逃す」と思い、後ろ髪ひかれる思いで踏みとどまりました。

その半年後くらいに結婚が決まったんですよね。田口32歳、その彼は42歳の時のことでした。書いてて気づいたけど、あの時の彼と同じ年齢になったんだなー私。なんかしみじみ。