今日は婚活の基本、「清潔感」について考えたいと思います。主に男子の。

よくご入会時に女性にどういう男性をご希望されているかをお伺いすると、

「清潔感のある方であれば・・」

というご回答をいただくことがよくあります。

これってファッションから食事の所作や、ヘアセットや爪の身だしなみ等々のトータルが醸し出す雰囲気なので、一つ一つを気をつけていくしかないのですが、例えばこの時期に関して言えば・・・

先日美容院に行った時に美容師さんが教えてくれたのですが、美容師さんはお客様から上着をお預かりしたり、襟元にタオルを巻いたりするときに、ものすごく「襟元の汚れ」に目がいくそうで、すっごい気になるんっだって。

秋冬はコートやジャケットを脱ぎ着する機会も多いので、そうした細部もぜひ気を抜かないでいただきたいのと、

あとは、セーターとかの毛玉。
これねー、私も「そこそこ高かったから、毛玉出てきたけど、もうちょっと着たい・・・。むむー」と貧乏性がつい出てしまい、セーターの捨て時をいつも悩むのですが、清潔感って意味では、安くてもいいから、毛玉が多少出てきたらもう新しいのにした方がいいです(自分に言ってる)。

そして、ダーク系の服。
秋冬はどうしたって黒っぽい服になりますが、フケとかは本当に気をつけて!目立つ!!
もちろん全身黒でもスタイリッシュに着こなせればオシャレなのですが、全体が黒、茶色と重―い色でまとめると、一歩間違えると“おじさん感”が出やすいコーディネイトにも。そこで手っ取り早く爽やかさを演出するのであれば、白や、グレーや青でも明るいグレーやブルーを持ってくる等、とにかく明るい色をどこかに持ってくることを心掛けると老けた印象にならず、爽やか=清潔感に繋がります。この前もカフェで男の人が綺麗なサックスブルーのタートルネックを着ていてすごく素敵だったので、私も探して買っちゃいましたよ。へへへ。

そして、先日ある女性会員様のお見合い報告で

「お相手がダボダボのスーツを着ていらっしゃって・・・」

という一文を拝見した時に、あー、そうそう、と思ったのが、

サイズがあっていない=だらしない感じ=清潔感がない

というのもよくあるパターン。身体のラインを隠したい気持ちは私も重々!心底!!共感できるのですが、そこは売り場の人に相談したり、うちのスタイリストさんに相談すると、体型をうまくカバーしつつ、ジャストフィットしたものをきちんと提案してくださいますので、そこは適当に買わずにこだわって欲しいなと思います。ふくよかな男性でも、すごくオシャレで綺麗めな格好している人って、普通にモテオーラ出てますもんね。

その他、年季の入りすぎた擦れたお財布を使わないとか、ちゃんとクリーニングに出したパリッとしたものを着るとか、まだまだいろいろありますが、とりあえずこれぐらいで。

どんなにご本人の内面が素晴らしく、お金を掛けて素敵なレストランに連れて行ってくれたとしても、「なんとなく隣にいるのが恥ずかしい・・・」とお相手に思わせてしまうと、女性もデートがストレスになってしまい、なんとなくもう会いたくないな・・となってしまいますので、これからのクリスマスシーズン、お店の予約と同時にぜひもう一段階洗練された男性を目指していただければと思います!