さて、本日は前波の回でございます。
・・・いやぁ、この外出自粛期間をいいことに、ついついNetflixで話題の「タイガーキング」観ちゃいましたよね。カオス。

Netflix Partyというオンラインで複数人で観賞できるサービスもあるようですが、オンライン鑑賞するなら(タイガーキングが良いかどうかは別として)これぐらい観ていてワイワイ突っ込めるぐらいのもの(全員キャラが濃くて、話がぶっ飛んでいる!)がいいかもしれないですね。ストーリーが複雑で展開が早くずっと集中していないといけないような映画や、内容がシリアスすぎるものだとなかなか盛り上がれないですしね。。

外出自粛もそろそろ解除されるかもしれませんが、とはいえ、まだまだ全てが通常運転とまではいかないと思うので、まだ少し時間のあるこの時期に、お料理やダイエット等、苦手意識のあるものを克服するのも良いですが、婚活の一環として「雑談力」を高める努力というのも一つ良いかもしれません。

よくタモリなどが引き合いに出されて語られるのは、「雑談力」がある人というのは、浅く広く知識があって、相手に合わせてどんな話題でも拾えるスキルを持っている、ということ。

そのために、一番手っ取り早いのは、今話題になっているものを食わず嫌いをせずに、とりあえず接触してみる、というある種ミーハーなスタンスで物事に接してみること。

例えば、映画にしろ、アートにしろ、話題に挙がったときに「私あんまり詳しくないんだよね・・・」という消極的な姿勢だと、なんだかオドオドした雰囲気になりがちですが、そこで「全然詳しくはないんですが、でも、この前○○(話題になっている映画や展覧会等)観ましたよ!」というだけで、当たり前ですが話がとりあえず繋がっていきます。だいたいある分野に精通している人は、マニアックな知識と同時に必ずメジャーなところも情報として押さえてますから、共通の話題として広げやすいですし、話題になっているものは当然、最大公約数的にいろんな人と共通のネタになりやすい訳です。

他にも、話題の本やスポーツの分野とか、なんでも良いのですが、そんなに深く掘り下げた知識でなくて良いので、まずは「なんとなく今まで話を振られると苦手」と自分で思っていたジャンルを、少し情報として調べたり触れておくだけでも、今まで自信なさげに話をしていた場面で堂々と振るまえると思います。

雑談力というのは、いろいろなところにアンテナを張っている知的好奇心の現れだとも言えますが、まずはミーハー的に話題になっているものを乗っかってみるのが近道。

なかなか日々の生活に忙殺されていると難しいと思いますので、ぜひ今お時間のあるうちに。

ハイクラスの結婚・海外駐在員の結婚なら会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★公式LINEアカウントからも面談予約可能です!

★オンライン面談も受付中!ご遠方の方もお気軽にお問合せください。