2019年のクリスマスにプロポーズされて、成婚退会された37歳女性の成婚事例のご紹介です。

活動開始が9月1日で、9月7日に最初にお見合いされた男性が、とびきり素敵な方で、しかもその方に一目惚れされてトントン拍子に進んだという、とても幸せなパターンではありますが、なぜお相手に一目惚れされたかというのは、きちんとお見合いの準備をしていたからです!

要するにお相手のプロフィールを読み込んでおり、相手の質問に対して、気に入られるような受け答えができていたと言っても、過言ではありません。

お相手の男性のプロフィールの『お相手への希望』欄には
【前向きな方。自立している方。従順すぎず、自己主張できる方】

と明記されていました。この内容からして、彼がいい男であることは察しが付くと思うのですが、ここをきちんと押さえた会話ができていたことが、お見合い成功のポイントと言えます!

婚活では、自己主張が強い女は敬遠されると言われていて、それは間違いではないけれど、大切なのはお相手によって伝え方を変えられる柔軟性。それこそが、いい男が求めている知性とも言えます。

更に、お相手の男性の自己PR文には
『自分の人生を楽しみながら前向きに生きている方』
『いつも笑顔で生き生きとした姿をずっと見ていたい』
というワードもありました。

成婚退会された37歳女性は、他のお見合い相手の方にも『お仕事楽しそうですね』とよく言われており、人によっては『仕事が楽しそうだから、結婚する必要ないんじゃない?』と思われがちのところを、『こんな生き生きとした女性と一緒に生きていきたい』と思わせることができたことも勝因と言えます。

元々、目鼻立ちのはっきりとした美人顔で、ファッションに関しても、大きく変更する必要はない女性でしたが、それでもスタイリストの池上さんとお買い物同行に行ったり、デート服で悩まれると、ご相談していて、1ミリの努力も怠らないところを、ちゃんと神様は見ているんだなあと思いました。

奇跡のラブストーリーの主役になるには、まずは行動すること!

ずっと悩まれている方は、是非一度、お問合せくださいませ♪

ハイクラスの結婚・海外駐在員の結婚はタイザノットへ
婚活相談のご予約はこちらから

★QRコードから友だち追加していただき、LINEよりお問い合わせいただくことも可能です。
(面談希望の旨をメッセージをいただけましたら、24時間以内にこちらからご返信させていただきます。)