殆どの方が、ご存じないと思いますが今週末は、ラグビーの早明戦という明治大学関係者にとっての(早稲田の方は、早慶戦を重視している気がしますが、よくわかりません)、一大イベントがあります。

なかなかチケットも取れず、私が大学時代は、サークルの後輩達がたくさんハガキを出して応募していたのですが、今はネットで予約をするようになっていたと、先日久々に会った大学の同級生が言っていました。その同級生の会社(大手外資)には、意外と明大OBが多いそうで、みんなで観に行くのだとか。なんだか楽しそう💛と思いましたが、私は仕事なので諦めました。

スポーツ観戦を趣味にしている人というのは、男性の方が圧倒的に多いので、プロフィールの趣味欄に話のとっかかりとして記載しておくと、お申込みも増えますし、お見合いやデートでの会話も弾みます。ただ、スポーツ観戦といっても千差万別で、必ずしも「好きなスポーツ」が一致するわけではないのと、出会って間もない頃に観戦デートを予定してしまうと、一緒にいる時間が長い分、非常に疲れるので要注意です。

ちなみに田口はスポーツ観戦が趣味とも言えますが、過去を遡ってみても、「スポーツ観戦デート」をした記憶がありません。忘れているだけかもしれませんが(デートのお相手の方、ごめんなさい)。純粋にスポーツを観ているというよりは、必ず「応援している選手」「好きな選手」を応援していることが圧倒的に多く、それが、ちょっとした知り合いであったり、手の届かない有名人(例えば大谷翔平とか?)だったりしても、すごーーーーーく素敵な選手の活躍を祈っているのに、隣に平凡な男が座っているというシチュエーションが、あまり好きではないのかもしれません(笑)

スポーツ観戦は、興味の有無が分かれるものだし、共通の趣味があることが、結婚の条件ではないので(それは結構どうでもいいことのように思います)、あまり重視する必要はないのですが、もし「スポーツ観戦は苦手」であっても、食わず嫌いかもしれませんので、誘ってくれる男性がいるのでしたら、是非お試ししてみてはいかがでしょうか?

スポーツ観戦を好きになる必要はないけれど、会話のネタが1つ増えることは間違いなく、特に早稲田や慶應の男性との話題作りにはなるかと思います。

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加