「最初の出会いから、3回目のデートで結論を出す」
これは私が独身時代に、自分に課していたルールですが、実際には2回のデートで結論は出ていることが多かったです。

出会いがお見合いでも同じで、3回お会いしても少しも心が動かない場合は、お断りしましょう。
だらだらデートを重ねて、キープみたいにしていても意味がありませんので。

ご成婚された方々の殆ど全てが、3回以内のデートで、男性にエンジンがかかっていることを考えると
3回目のデートまでに、男性の気持ちを掴めなければ、その後何度会っても進展は見込めないということ。

男性はルックスは初回のお見合いで判断し、フィーリングは初回の食事デートで判断する、そして2回目のデートでフィーリング以外の何か、たとえば男性が生きる上で大切にしている価値観と大幅にズレていないかを見ている方が多いように感じます。

女性は、この「生きる上で大切にしている価値観」がなかったり、ブレていたりする反面、細かい条件を挙げる方が多く、それが婚活が長引く方々の特徴でもあります。

恋愛も婚活も、3回目のデートまでが勝負期間。
「まだ好きって気持ちまでいかない」と、のんびり構えていたら、いつの間にか、男性にフラれてしまったということにならないように(このケース多いです)
最初から、真剣勝負でデートに臨み、自分が相手を好きになれるかよりも、お相手はどんな女性を求めているかを探る会話を心掛けると、自分も判断しやすいですし、お相手にNGを言われることも激減します。なによりも・・・お相手が求めている女性像がわかれば、たとえお断りされたとしても、納得感があるので、それほど落ち込まずに次にいけるという大きなメリットもありますよ。

3回のデートで判断するのが難しいと感じる方は、是非、前波と田口にご相談くださいね。

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加