デートで「奢ってもらえなかった」「割り勘にされた」と嘆いている女性は本当に多く、しかもお相手のことをよく知りもせずに、交際をお断りする方が多いのですが、ネイルもせずにデートに臨んで「奢ってくれないから嫌」と言っているのは、男心に疎い証拠。

ネイルをしていない時点で、デート相手の男性は「やる気ないな~この女」と感じているもの。女性によっては、デート前に美容院でヘアセット(カットではない)をしたり、服を新調する方がいるわけで、相手がどんな方であれ、女である限り、「食事相手の男性に喜んでもらえる外見でデートに臨む」という姿勢は崩してはいけないのです。

それでも、「職場でネイル禁止されている」という方もいると思うので、今回はネイルではなく、ネイルケアのご紹介!

「美は先端に宿る」といわれるように、指先を見れば、その女性の美意識がわかりますが、そうは言っても田口自身が実はネイルサロンに通うのが面倒くさくて、何かのイベント前にネイルサロンに行き、その後2~3回通って終わり・・・というパターンが多かったです。3週間に一度通うって、結構忙しく、先延ばしにしていくと、爪がボロボロでひどい状態になるのが耐えられず「もうネイルはしない」と決意して、終了していました(でイベント前にまた通うの繰り返し)。

最近はスポーツクラブでサウナを利用している為、爪がふやけて剝がれやすそうと言い訳して、ネイルをサボっていたのですが、代わりに甘皮のお手入れ~ネイルポリッシュまでの「ネイルケア」を始めたところ、ハマりつつあります。こちらも3週間に1度通う必要はあるのですが、ネイルとの違いは、3週間過ぎても艶がなくなり通常の爪に戻るだけで、ネイルのように剥がれたりしないので、とても気楽!ちなみに料金も3500円前後とネイルの半額なのでお財布にも優しいです!

最近は男性でも、ネイルケアをしている方が増えているようで、田口の自宅の近所にある男性専用はいつも満席!美容師さんとか、営業職の方とか、指先を見られる職業の方がネイルケアをするようになったらしく、タイザノットの男性会員様で爪が汚い方がいたら、お勧めするつもりです(今のところいませんが)。

美は先端に宿る!

どんなお相手であっても、お見合いやデートには全力で臨む。その繰り返しが、成婚への近道だということを肝に銘じて活動しましょうね!