先日のブログ記事でも書いたように、年齢を重ねるにつれ、何かを食べたい、買いたいという欲求が減少し、誕生日にやりたいことが見つからずにいた田口ですが、最終的にはオンラインショッピングで買い物をしました。

知り合いのお店からワインを購入したり、常宿の温泉旅館の名物料理を、友達に贈る手配をしたりと、少しでもコロナ不況に見舞われているお店の為につながると同時に、こんな私と仲良くしてくれている友人らに、感謝の気持ちを伝えられ一石二鳥で、自己満足の誕生日となりました(笑)

タイトルにした利他主義というのは、田口がタイザノットを立ち上げる直前まで在籍していた会社の社是で、会社員の間は、あまりピンとこなかったのですが、退職したからなのか、単純に年を取ったからなのかわかりませんが、この『利他精神』は、以前より確実に自分の中に芽生えたような気がします。
でも、これも結局は、自分の為なんですよね。

最近、NHKで放送されてるBBC制作の連ドラ『レ・ミゼラブル』にすっかりハマり、昔読んだ小説版も読み返したりしているのですが、この作品の中で、これでもかと描かれれている『見返りを求めない愛』も、相手の為のようで、自分の為だと感じます。

婚活中に、ストレスを溜めやすいのは、お相手によかれと思って、手土産を用意したり、デート代を負担したり、会話でも気遣ったりと、相手の身になっているつもりだけれど、相手からは同等の見返りがないと感じてしまう時。それ故に、気遣いができる人ほど、相手にイラっとしてしまい、婚活が長引いてしまうのは、よくある話です。

外出自粛下で大切なのが『ストレスを溜めない』ことであるように、婚活の一番の敵もストレスなので、お見合いやデートの度にイラっとしてしまうと感じている方は、苛立ちの矛先をお相手ではなく自分に向けると、本当の意味での『穏やかな人』となり、婚活も驚くほどとんとん拍子で進むと思いますので、試してみてくださいね!

ハイクラスの結婚・海外駐在員の結婚なら会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★公式LINEアカウントからも面談予約可能です!