プライベートでも、かなり親しくしている夫の同僚の50代のご夫婦が、タワーマンションを購入したとか。

これを聞いた瞬間、私が改めて感じたのは
「生活レベルは、妻の稼ぎに左右される」ということでした。

このご夫婦と、うちの夫婦を比較した場合、夫の年収はほぼ同じなので、私がもっと稼いでいれば、我が家もタワマン購入は、夢ではなかったわけです(タワマンに住みたいかという話は別として)。

私はどうしても女目線になりがちで、女友達の生活を見ていると、結婚後の生活が、夫の収入に左右されているように見えていましたが、男性達は、妻の稼ぎで生活はだいぶ変わってくると考えているのですよね。このことに20代、30代のハイクラス層の男性は気づいているので、若い男性ほど、女性の年収(というか働き続けられるか)を気にする人が、増えていると感じています。

高収入エリートと結婚すれば、一生安泰のように見えますが、いわゆるモテる男性に選んでもらえる努力と、自分の稼ぎを増やす努力を比較した場合、前者の方が簡単に見えるけど、後者の方が確実だし、自分の生活レベルを誰かにせいにすることがない分、イライラもせず、諦めがつくというものです。

自分の収入が少ないから、高年収男性との結婚を望む女性もいれば
自分の収入は高いけれど、同レベル以上の男性を望む女性もいて
後者の場合、自分の収入が高いことが、対象範囲を狭めていて、それが結婚できない理由と考えているようですが、稼ぎがあるというのは、自由を勝ち取る権利があるということ。

自分に経済力があれば、条件関係なく、自分が好きだと思える男性と結婚できる。

アラフォー以上のキャリア女性は、まずそのことに気付き
自分の年齢を恨むのではなく、自分のキャリアを誇りに思う。

そんな女性がいたら、年齢なんて関係なく、男性は強く惹かれずにいられないのではないでしょうか?

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加