交際中の女性がいる男性会員様が、
「どうも、料理はあまり得意じゃなさそうです。でもまあそれは、結婚してから努力してもらえばいいかなと」と仰っていて
これが世の中の男性のスタンダードかなと思った田口です。

もちろんお料理上手ならいいけれど、最初からそこまで求めてはおらず
今、苦手でも、少しずつ作れるようになればいいよという感覚。
ですから、プロフィールはともかく、デートやLineなどで、これみよがしに料理上手アピールをする必要はなく
「その気になれば、できます」
をアピールしていくくらいでいいのです。

婚活における料理の腕というのは、就活におけるエクセルのようなもの。
関数バンバン使いこなしで、複雑な資料作成も朝飯前であるなら、それに越したことはないけれど
エクセルは入社後に、必要に応じて覚えればよく
それより企業側が欲しているのは、別の能力である場合が殆どで
婚活においても、男性が女性に求めているのは、料理の腕ではなく別のもの。

一緒にいて癒されたい男性もいれば
お互いに刺激しあって、成長したいと考える男性もいます。

女性も同じように、一緒にいることで安心感を得たい女性もいれば
一緒に稼いで、ワンランク上の生活をしたいと願う女性もいる。

結局、男女関係なく、最終的にパートナーとして選ぶのは、
心の琴線に触れる何かがあった方で、それはデート中の些細な発言や行動の中に隠されているものだと思うのです。

書類審査であるプロフィールには、料理の記載は必要ですが
お見合いやデートで、料理やグルメの話に始終するのではなく
お相手の魂に触れるような話を、バンバンしていくことをお勧めします。

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加