さて、本日は前波の回でございます。
先日、写真の日比谷ミッドタウンのカフェで会員様と待ち合わせていて、早めに着いたのでお茶をしながら待っていたのですが、隣におそらく今日が初めてのデートをしているのであろう男女がいました。

男性は20代前半くらいかな?かなりのイケメンな上に、服装も変に今っぽくなく質の良いトラッドな格好をしているのですが、それがまた育ちが良さそうな上品さを醸しており、お互いのコーヒーが無くなると、パッとセルフのお水を取りに行ってあげるという気配りもでき、いやいや、この男性は相当モテるだろうなぁ・・・とチラチラ見ていたのですが(そして隣にいる怪しい40女)、

一方女性はと言うと、もちろん若くかわいらしい人ではあるのですが、

完全にアガっているのが見て取れる!!

いや、わかる!わかるよ、その気持ち!!こんなちょっと目を惹くような男の子と初回デートって、相当自己肯定感高め女子でないと平静を保てないよね!?

なので、仕方ないとは思うのですが、とにかく会話が受け身!!

男性側も何も高尚な難しい話をしている訳ではなく、共通の知り合いの話とか、芸人さんの話とかたわいもない話をしているのですが、

「あはは。そうですよね。」「うんうん。面白いですよね!」

とかばかりで、何も自分の意見がない
もっと言ってしまえば、話がつまらん!!

結構な時間、横で聞き耳を立てておりましたが、彼はどういうポイントを面白いと思ってその芸人が好きなのか、とか、共通の知り合いのことも彼はどういう風に捉えていて、どういうタイプの人間が好きなのか(もしくは嫌いなのか)ということが全然知らない私でも理解できたのですが(どんだけ横で聞いているんだって話なんですが)、一方彼女がどういう人なのかということはさっぱりわからず!

よく相手のことに耳を傾けなさい、とか、聞き上手であれ、ということを婚活では言われ、もちろんそれは大事なのですが、ただ聞いてニコニコ頷いていれば良いという話ではなく、相手の話に耳を傾け、相手を理解し、それに対し、自分がどう思うのか、といったことを付け加えて相手に返してみたり、違う角度からそのことに対して質問をして話を深めていったり、自分の情報も盛り込みつつ話を展開していくということが、キャッチボールの楽しい時間になり、お互いを理解することができる訳です。

・・・たぶんこの二人は次のデートはないだろうな(男子が次のデートをしたいと思わないだろうな)・・と思いつつ、途中私は席を立ってしまいましたが、

女性の固定概念で、「あんまり自分の意見を言うと、男性に引かれるかな」と思う方がいらっしゃいますが、もちろん言い方がキツかったり、相手を否定するようなことを言うとネガティブに捉えられるものの、そこを何も伝えないと、どんな女性なのかが相手にも見えないし、一緒にいてつまらない、何の印象も残らない女性になってしまいます。

この前、テレビで田中みな実が「良い女の定義は何か」みたいな質問をされていて(うる覚えですが)、

芯はあるけど、それを柔らかいオブラードで包んで表現できる女性

と返しており、うん、わかる、わかる、とテレビの前で思っていたのですが、この「芯」を表現する(「芯」を持つ)ことをしないと、男性の心をヒットしませんので、遠慮せずに自分の考えや感じ方はうまく伝えていっていただければと思います。

特に人気の高い男性ほど、当然競争率が高く、外見も中身も魅力的でないと振るい落とされてしまうので、外見磨きはもちろんのこと、自分自身というものをどういうエピソードで伝えていくのか等、仕事、家族、趣味・・といろんな角度で改めて「自分」というものの輪郭を考え、練り上げていっていただければと思います。

自分をうまく魅せれる人というのは、自撮りでも自分がどの角度で撮るのかを知り尽くしていたりするものですが、会話も同じ。どういう風に自分の話をしたら、相手が好感を持つのか、恋愛経験の多い人は自然と習得していたりしますし、そうでなくてもお見合いやデートを重ねていくうちに、「あ、こういう話をするといいんだな」ということがわかるので、場数を踏むためにもぜひ相談所を利用していただければ幸いです。

ハイクラスの結婚・海外駐在員の結婚なら会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★公式LINEアカウントからも面談予約可能です!