先週、某ファンド取締役男性による相談会第2弾を行いました。

今回は30歳の女性会員様お二人と表参道でお仕事帰りにお食事をしながら、プロフィール等もチェックしてもらい、じっくり3時間という形式。

彼自身も優秀ですが、一緒に仕事をしてきた人たちも皆相当に優秀な人たちばかりで、そういう人たちが一体どういう人物なのか、という話をしてくれたのですが

「圧倒的に優秀な人は、だいたいいちょっと変わっているというか、例えばワーカホリックでランチをする時間も惜しく、そもそも食べることに興味がないといったタイプや、自分の興味のあることにはすごい能力を発揮するけど、それ以外のことに全く興味がないタイプも多く、そういう人に素敵なお店に連れて行って欲しいとか、スマートなデートを望んでも無駄。」

「でも、そういう人は単にそういうことに興味がないだけで、本当にめちゃくちゃ頭も良いし、性格も悪くないし、優秀だからすごい稼いでくる。浮気もしない。」

「全てバランス良く行動できて、卒なく女の子を喜ばせることができるような人は、もしかしたら彼らほど突き抜けられないかもしれない。ある種偏っているかもしれないけど、彼らはその分飛び抜けることができているのだと思う。」

ちなみに、彼が例に挙げた人たちはみんなご結婚されているそうで、そういったタイプをご主人にするのも悪くないのでは?ということでした。

ただし、その時に必要なことは、

「彼らの足りないところに目を向けるのではなく、彼らの圧倒的な能力や個性を本当に(形だけじゃなく)心から面白がること。そして、その彼らの興味があるものに興味を示してあげたり、彼らを理解しようとしてあげると彼らはすごく心を動かされると思う(特殊過ぎたりして、だいたいみんな理解してくれないから)。」

「また、小さい頃からずっと優秀で周囲に褒められて育ってきた人たちが多いから、どんなことでも褒めてあげると、それを斜めに受け取ったりせずに素直に受け止めて嬉しいと単純に思う人たちなので、褒めてあげてね」

とのことでした。

女性の方が気の利く人が多いので、どうしても「なんでこの人は気がまわらないんだろう?」と感じることがよくあると思うのですが、そこで卒のないトータルのバランスの良さを重視してNGを出すのではなく「この人、気が利くタイプじゃないけど、性格も優しいし、頭が良くて、自分の好きなことに情熱を注いでいて、すごいかも。」と自分の視点で尊敬できるポイントやその人の個性を探し出せれば、案外将来有望な素敵な方が多くいらっしゃると思います。

ちなみに、いろんなことに気を配れる男性というのは、お付き合いしているときはスマートで素敵に感じるかもしれませんが、結婚したら細かくて奥さんとしてはたいへんということもありますからね。(私の知り合いは、絵に描いたような都会的で気の利く素敵なエリート男性と結婚しましたが、一緒に生活し出すとタオルは色ごとに分けてしまう、少しでも部屋が汚れていたら注意される、など細かいルールがあり、奥さん以上にご主人の方が普通にいろいろなことに気がまわる人なので、「なんでそんなことができないの?」と逆にご主人の不満が溜まって、奥さんはたいへん。)

なので、もし自分が大雑把なタイプだなーと思うのであれば、案外細かいことに気が回らないくらいの男の人が一緒に生活する上では楽かもしれないですよ?

ハイクラスの結婚・海外駐在員の結婚なら会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★公式LINEアカウントからも面談予約可能です!