夫がテレビ大好き人間の為、めっきりテレビを見る時間が増えたタイザノット田口です。

マツコデラックスさんの『月曜から夜更かし』で、株主優待のみで暮らす桐谷さん(70歳男性・元棋士)のマンション購入作戦(本人は本気なので、作戦ではないが)を特集していました。

資産約3億円で、8000万円くらいのマンション購入を、70歳になって決意した理由を聞かれた桐谷さんは
「自分は永遠に生きると思っていると思っていたけれど、最近になって、自分の人生には期限があると気づいた。結婚も猫も飼わないうちに70歳になった。このままでは、あらゆる事を先延ばしにしたまま人生を終わってしまうのではないか!!!」と語っていました。

結局コロナの影響で株価が下がり、資産は1.5億円くらいになってしまった為、結局マンション購入は断念。

何事にも『期限がある』ことは、毎日の生活の中で忘れがち。コロナ禍の真っただ中にいる今、恐らく誰もが感じていることは『毎日会社に行き、週末にヨガをして、友達と会って楽しく過ごす・・・』という、そこそこ楽しい生活は永遠に続くわけではないということではないでしょうか。

婚活にしても『いつか結婚したい』『いつか子供を授かりたい』ということを、20代の頃は、夢でもなんでもなく、誰にでも与えられる権利のように思いがちですが、33歳くらいから自ら積極的に活動しないと、手に入らない未来へと変わっていきます。

裏を返せば、行動さえすれば、未来は変わる。

オンライン見合いにトライするとか、アプリ婚活や結婚相談所に登録をするとか、具体的な行動に今は移さず、スロースターターでもいいので、時間に余裕がある今、自分の未来について、じっくり考えてみてはいかがでしょうか?

ハイクラスの結婚・海外駐在員の結婚なら会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★オンライン面談にも対応しております!