先週からスタートした石原さとみさん主演のドラマ「高嶺の花」。
高嶺の花と思われるのは嬉しいけれど、好んで格下男と恋をしたい女性はいないわけで
それでもなぜ、私達がドラマを見たいと思うのかというと、
そこには掛け値なしの本物のラブストーリーがあるような気がするからではないでしょうか。

初回の放送では、いい女について、次のように定義されていました。

「自分が傷つけられたとき、怒る人は憎む人です。自分は棚に上げて、相手をただただ攻撃する」
「哀しむ人は愛の人です。静かに、ただ時を止めて哀しみます・・・愛していたら憎まない。憎めない」

これには賛否両論あると思いますので、続きは田口が連載している恋サプリ記事
「浮気をするのが、いい女?ドラマ『高嶺の花』に学ぶ」をご一読ください♬

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信してい恋ます♪(ここから予約やご相談も可能です)
友だち追加