年末年始、皆様どのようにお過ごしでしたでしょうか?
田口は夫と二人で、シャンパンを飲みながら、紅白歌合戦を見るという、典型的日本人スタイルの大晦日でした。
(ちなみに紅白歌合戦が好きなのは夫で、私は全く興味がない派です笑)

久々に松田聖子さんの「赤いスイートピー」を聞いて、懐かしくなり、年明けてからも移動中などに聴いているのですが
「半年経っても、手も握らないとか」とか、今時いないよね~と思う一方で
「生き方が好き」というのは、今婚活をしている皆さんも、共感できるのではないかと思いました。

ちょうど女性会員様との年始の面談でも
「食事の好みとか、レストランの選び方とか、服のセンスとか、共通の趣味とか・・・細かいことではなく、もっと大きな価値観だったり、生き方だったり、それを見つけることが大切」とお伝えしましたばかり。

生き方といっても、大きなことでなくていいと思うのです。
家族が一番大切にしたいとか、イラっとしても顔に出さずに笑顔を心がけるとか、そんな些細なことの積み重ねで、何か1つ大きな軸が見えてくるわけで、その「軸」を見抜くことができる能力が、婚活には一番大切なことなのです。

先日、プライベートで食事をした20代の男の子が(婚活相談ではないのですが)、「自分より何か優れたものを持っている女性が好き」とおっしゃっていました。
その彼は将来の日本をリードするレベルの高い能力を兼ね添えているので、そんな人に言われてもなあ~~という感じではありましたが(彼は彼で、彼女いない歴が更新されていくことに非常に危機感を抱いていましたが)、男性も同じように、女性の中にリスペクトできる部分や、自分にない才能を求めているのだと、改めて感じました。

同時に、結婚生活が長くなると、どうしたって惰性で一緒にいる感覚に陥ってしまいますが、日常の些細な会話の中でも、「こういうところ好きなんだよなあ」と意識していくと、何年経っても、新鮮な気持ちで毎日を過ごせるということは、私自身が実感しております。

問題は、夫は私に対して、恐らく何も感じていないので、恐らく「離婚するのが、超面倒くさそうな女だから、とりあえず一緒にいる」という感覚なのではないかと思います。最後に夢のない、現実的な話になってしまいましたが、今年もどうぞ、よろしくお願い致します!

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加