のっけから怖いタイトルで申し訳ありません(笑)

最近、タイザノットの女性会員の方に、個別でLINEレッスンをしているのですが、交際相手とのLINEのやり取りを見せてて頂いたところ、突っ込みどころかズレていることに気がつきました。明るく元気なキャリアウーマンなので、コミュニケーションは上手なのですが、気になる男性へのLINEのやり取りは、楽しいだけではダメで、その彼の心を掴む為には何をどう書けばいいかを、もっともっと考える必要があったので、具体例と共にアドバイスしました。

男の胃袋を掴む前に、心を掴む必要があり、それは何かというと『褒め言葉』。

男同士は女同士のように、お互いを褒め合うことはありませんし、子供の頃にママに褒められた後は、精神年齢が上の同級生の女子に上から目線でモノを言われ、社会に出ても、ある程度、仕事で実績を積まないと、他人に褒められることがないのです。
だからこそ、褒めてあげれば喜ぶし、それが表面的なもの(服のセンスとか、学歴や仕事など)ではなく、内面に関することだと、男心はグラグラと揺れ動くわけです。

最初の1・2回の食事デートで、一緒にいて楽しいと感じさせたら、次は女性からの褒め言葉で止めを刺す。

ポイントは他の女性と被りそうな、安易な褒め言葉を避けること。
褒め言葉には、魂を込める。
そして命がけで伝える(くらいの気持ちが大切!)・

魂の褒め言葉は、会えない間も彼のことを考えていなければ、浮かんできません。仮交際相手が多いと、1人に集中する時間が減る為、一人一人にかける時間が減ってしまい、最後には誰も残らない。いつまで経っても、そのループから抜け出せないという悪循環に陥ってしまう女性も多いのが婚活の現実。だから、本命にしたい相手が現れたら、集中することが何より大切。

そして最後は、『この人と結婚する』と腹をくくる。
お見合い婚活に限らず、周りを見ても、その覚悟ができた女性は、ほぼ確実に結婚していると言っても、過言ではありません。

ハイクラスの結婚・海外駐在員の結婚なら会員制婚活サロン・タイザノット
婚活相談のご予約はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加