40代前半のハイクラス男性会員と面談をした際、『若い女性は刺激的』という理由で33歳以下の女性をご希望されました。40代になり、毎日同じことの繰り返しの日々が続いている中で、時々、同じ会社の若い世代と話をすると、刺激を受けるのだとか。

この話を聞いて、『世間知らずの若い女より、酸いも甘いも嚙み分ける大人の女の方が刺激的で会話は面白いでしょ???』と思った女性は多いはず。何よりも私自身が『33歳の私より、今の私の方が面白い話できるぞ!』と思いましたもん笑

30歳前後の時も、偉そうに恋愛について語っていた記憶がありますが、今振り返ると、考えが甘っちょろくて、顔から火が出そうなほど恥ずかしいことを言っていました。だから、当時と比べて、太ったし顔もくすんだしたるんだし、外見的には想像以上に衰えましたが、昔に戻りたいかというと、今のままでいいやと思ってしまうのです。

これだと男は単に、若い女が好きなだけで、中身なんか見てないのだという結論になってしまうのですが、またそれも違う。

先日、ある食事会の帰りに、以前より気に入っていた30代前半の独身男子と帰る方向が同じだったので、チャンスとばかりに、BARに誘いました。年齢差がかなりあるので、最初から最後まで、彼が私に色々質問をして(彼女の相談などですが笑)、私がそれにアドバイスするという感じだったのですが、もう可愛すぎて悶絶しそうでした(笑)。

そして思ったのです。男性が若い女性を刺激的と感じるのは、その子の知識量や経験値の問題ではなく、ただ単純に『ドキドキさせてくれる』かどうかではないかと。

同年代の男性との会話は、お互いに立場や状況を理解できるので、楽と言えば楽なのですが、『同士』のようになってしまうことが多いと感じます。お見合いや交際のお断り理由で『恋愛対象ではなく、友達感覚になってしまった』というが、まさにコレ。
話は弾むけれど、男性はときめいていないし、色気を感じていないのです。

年齢で判断されたくない!
人間性で判断して欲しい!

もちろん、そう!でも、『若い女性に勝てない』と感じるのは、女性側が男性を年齢で判断しているからで、40歳だって50歳の男性から見れば若いのです。

10歳以上年上の男性に対しても『おじさん』『上司』と思わずに、『人』として接することができる女性は、その懐の深さが、同年代や年下男性の心をも掴むことができますが、自分がお相手に若さを求めている限り、相手からも永遠に若さを求められてしまう。

そんなことわかっているけど、それでもやっぱり同年代がいい!という方は、他の条件の見直しが必要なのですが、ここから先は個別にご相談頂けますと幸いです、

ハイクラスな結婚・海外駐在員の結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加