オランダ画家を巡る旅をしたい!
そんな野望を叶えるべく、クリスマス時期のオランダに行ってきました。オランダ画家といえば、一番有名なのはゴッホですが、私が観たかったのはレンブラントとフェルメール。

のはずが、すっかりゴッホに魅了されて帰国(笑)
アムステルダムにあるゴッホ美術館は、大人気の為、事前予約が必要なほどですが、絶対に行くべき!

何がいいって、ゴッホが弟宛に書いた手紙をイヤホンガイドで聴きながら回れるため、私のように美術の知識がない人であっても、その絵を描いたときのゴッホの心境がわかりやすく、作品ごとに自分なりの想像を膨らませることができるのです。

アムステルダムには国立美術館もあり、そこにはレンブラント『夜警』をはじめとしたオランダ画家の作品がたくさんありますが、多すぎると、消化しきれないこともあるので、個人的にはこじんまりとした美術館が好きです(ゴッホ美術館はかなり立派ですが)。ちなみに『夜警』は現在、修復中なのですが、その様子をガラス越しに見せてもらえるので、それはそれで面白かったですよ。

独身時代、美術鑑賞好きな弁護士とピカソ展を観に行きましたが、人が多くてゆっくり観られないし、絵画の感想を聞かれても答えられないしで、心身ともに疲れた記憶があります。食事するだけなら、楽しく盛り上げることができるのに、私としたことが大失態!絵画は、描かれた歴史的背景が頭に入っているかいないかも大切で、下手にインテリ男性と美術館に行くと、自分の教養のなさが露呈することが身に染みた為、もう二度と美術館デートはしないと心に決めたのでした。だから、今回のオランダ旅行も一人旅。

お見合い後のデートで、皆さんすぐに映画や美術館、水族館に行きたがるのですが、そんなザ・デート的なことをする必要はなく、むしろ3回目のデートくらいまでは、食事のみがお勧めです。婚活に限らず、恋愛において優先すべきは、お互いの気持ちであって、どこかに行くことではないのだから。

クリスマスから年末年始にかけて、休みもあるし、イベント的なデートはいくらでもできますが、無理せずに、疲れない程度に活動するのが、うまくいくコツですよ!

ハイクラスの結婚・海外駐在員の結婚なら会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加