同年代の既婚友達(男女関係なく)と話していて、最近よく出るのが
「職場に2人で飲みに行きたい異性がいるか?」という話題。

私が婚活を仕事にしていて、常に恋愛について考えているため
この手の話になりやすいというのも、たぶんあると思うのですが
浮気とか、不倫とか、そいういうことではなく
「1度じっくり話してみたい」くらいの感情を抱く異性というのは、誰しもいるようで、
私は職業柄、そこに切り込んでいくわけですが、何が知りたいかというと、

どんな人であれば「一度、ゆっくり話してみたい」と、異性に思ってもらえるのか?ということなのです。

「2人で話してみたいな」という思いが込み上げる異性がいるというのは、ある意味、人間の本能といえ、何歳になっても、男は女を、女は男をもとめずにいられない生き物なのかもしれません。

20代であれば、外見の若々しさだけで、誘ってもらえることも多いですが
30代以上になったら、内面の輝きしか、人を惹きつける術はなく
それは単に何かを経験したことではなく、そこから何を汲み取り、どんな価値観を得て、今の生き方をしているというようなことを言葉にできる人というのが、求められる気がします。

デザイン関係の仕事をしている友人が、クライアントに
「私の中のぼんやりしているイメージを、具体化して提案するのが、あなたの仕事でしょ」
と言われたそうで、それはお金が発生するビジネスだから当然ですが、婚活にかぎらず、人と人とのコミュニケーションにおいては、自分の言葉で、自分を表現できないのであれば、それは何も考えていない、空っぽな人間なのと同じこと。

表現力に自信がないという方でも、タイザノットでは時間をかけて、個別にアドバイスしていきますので、ご安心ください(ちなみに、プラミアムコースがお勧めです)

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加