私がまだ20代半ばの頃、知り合いのオバサマに「女は誰と結婚するかで、人生が変わるのよ」と言われたことがありました。

その方の旦那様は、東京海上でそこそこ出世されていたようなで、サラリーマンの妻としては勝ち組なのですが
当時まだ、尖っていた私は

「男に左右される人生なんかまっぴら。自分の人生は、自分で切り開く!」と心の中で反発していたことを、今でもはっきり覚えています(もちろん黙って聞いていたけど)。

夫の稼ぎや、夫の出世に、自分の人生が左右されたくない。
人並みの生活ができないのは、自分に能力がないからであり、夫のせいではない(夫が高収入でなくても、妻が稼げば世帯収入は上がる!)という強い思いがあったんですね。

40代になり、昔に付き合った男性達の活躍を耳にすると「あの人と結婚したら、今頃、私はどんな生活を送っていたのだろう?」と考えている自分がいます。
でも、その問いに対する、自分の回答はいつも同じ。

「彼と結婚しても、案外幸せだったかも」

すごい出世した元カレもいれば、フリーランスで好きなことやってる元彼もいるし、もちろん出会った頃と同じ会社で働き続けている人もいます。
彼らの誰と結婚したかで、今の生活レベルだったり、妻としての多忙さは、多少違うのかもしれないけれど、幸福度は同じような気がするんですよね。

結婚して、毎日を一緒に過ごして、時々は旅行したり、お互いの親戚に会ったり
子供が授かって、子育てに専念するのか、子供はつくらず仕事を続けるのかで、かなり生活は変わりますが、それは相手が誰であろうが同じこと。

誰と結婚しても、私は私。
お金に余裕があろうがなかろうが、子供がいようがいまいが、私は私。
40代になったからこそ、そんな風に思えるようになったのかもしれません。

でも、結婚してパートナーがいるのと、いないのとでは全然違うと思っています。
なぜなら、本当の幸せって、誰かと接することで感じるもの。

遣り甲斐のある仕事があって、一緒に笑いあえる友達がいれば、独身だって楽しい日々は送れます。
でも、「楽しい」と「幸せ」は別物。

30代以上の婚活は、幸せの青い鳥(王子様)は、自分の心の中にあることを理解することが一番大切。
20代の方々は、理想の王子様に出会える為に、自分磨きに時間をかけてくださいね♡

ワンランク上の結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから