先日、ある40代の女性会員様と面談をしていたのですが、条件的にはもうピッカピカの男性(海外一流大学卒・身長180cm超えのイケメン・都内一等地タワマン住まい・超アクティブな性格・ドラマのような都会ライフスタイルを地でいくタイプ)という方から熱烈アプローチを受けているとのことで、もちろん受けるのかな?と思っていたら、

「・・・いや〜、私あんまりそういうキラッキラしているのはどうでもいいんですよね・・・。むしろ自分のスタイルががっちりあって、こちらが合わせていかないといけない人よりも、自分の自然体が出せてゆったり過ごせる人が良いんですよね・・」

ということで、かなり消極的。・・・いや、いいんですよ、そこはそれぞれの価値観ですし、みんなが良いというような価値観に合わせる必要はないです。

・・・が、今までの会員様たちを拝見していても、無欲の女性ほど、いわゆる誰もがイメージする“ハイクラス”と言われるような条件の男性からアプローチを受けるという、一定の法則があるように思います。

それは、おそらくそういった条件的な部分で人を判断しておらず、もっとスーッと素直にその人に対峙しているというか、根本的な人間的な部分でお相手を見ていることがお相手にもわかるのだと思います。

先日もご成婚されていった男性がおっしゃっていましたが、何人もの方とお会いする中、お見合いやデートで、「あ、この女性は自分を“値踏み”をしているな」ということが会話のちょっとしたことでわかるけれど、ご結婚を決めた女性は、そういう計算が一切なかったと言っていました(実際お会いしましたが、まさにそういった打算のないタイプの女性でした)。

ハイクラスな男性を射止めようと思えば、矛盾するようですが、まずはその煩悩(?)を捨ててみる、というのが実は大事なように思います。

「条件で相手を判断する」ことを止めて、ただただ“その人”を見つめてみよう、とすること。

条件が良い男性ほど、女性が思っている以上に敏感に女性側の「値踏み」意識を察しますので(そういう意識がある以上相手に伝わってしまうと思いますが)、意識的に「相手自身を見ること」「条件を知ろうと会話をするのではなく、“彼自身”を知るための会話をすること」を心がけてみてください。

*ハイクラス・海外駐在員のための結婚相談所*

【タイザノットへの婚活相談はこちらから】

★公式LINEアカウントからも面談予約可能です!


★オンライン面談も受付中!ご遠方の方もお気軽にお問合せください。