以前もブログに書いたのですが、ある50代の知人男性が、長年友人だった女性に突然逆プロポーズをされ交際に至ったのですが、さすが長年友人としてずっと側で見続けていただけあって、逆プロポーズをしたタイミングが絶妙だな、と思いました。

彼が30代、40代のときからの知り合いですが、そのときは「結婚したくないわけではない」と口では言いつつも、私が「じゃあ、誰か紹介しますよ」といっても全然乗ってこなかったのに、50代に入ってからは(環境が変わったこともあるけれど)積極的に女性に会ってくれるし、「あ、本当に結婚しようと思っているな」というのが伝わってきました。その彼の心境の変化を、きっと彼女は見逃さなかったんですね。

「いい人がいれば結婚したいですよ」と言いつつ、生活が充実しすぎていて客観的に「あー。この人、全然本気で結婚する気ないな・・」という感じだったうちの夫の独身の友人も、50代に入ると、その言葉に「あれ?今回は本当に結婚したいのかな?」というニュアンスが出てきたようです。

さすがにそれぐらいの年齢になると、周囲も「あいつは結婚する気なさそうだし、今さら生活変えないだろう。」と放置気味になるので、ようやく本人が結婚する気になってきたとしても、誰かを紹介されたりという場が減り、出会いに困っているというパターンはどうやらありそうです。

40代って仕事も乗りにのっている時期だし、結婚なんてそれほど必要性を感じなかった人たちが、50代に入り少し定年後も視野に入ってきた頃に、いよいよパートナーが欲しいと思う時期なのかもしれません。

50っていっても、それでも人生100年時代においては、まだ折り返しですからね。
これからパートナーを見つけるのでも、全然遅くはないと思います。

もし周囲で「どうせあの人、結婚する気ない人だし。」と恋愛・結婚候補として考えていなかった男性でも、もしその人が50代に差し掛かっているなら、ちょっと声を掛けてみたらどうでしょう??もしかすると、昔とは違う反応が返ってくるかもしれませんよ?