先日、40代モテ男性会員様のご希望により、お仕事帰りに銀座のエッグスンシングスにてパンケーキ面談を行いました。

会員様が追い生クリームのブルーベリーパンケーキという、部活帰りの男性高校生みたいなオーダーをしつつも、ちゃんと若々しい体型や肌を維持していることに感心しました。素晴らしい。

そんな彼の一言で印象に残っていたのが、こちら。

「自分はお見合いがあれば、そのためにだらしない身体ではいけないと思って事前に身体を絞っていくのに(今はパンケーキ食べてるけど)、やってきた女性が写真と全然違う二重アゴだったりすると、“どういうこと!??”と思う。」

・・・耳が痛い

いや、別に私がお見合いする訳ではないのだが。

この逆の「(お相手の男性が)写真と全然違ったんです!」というご意見は女性からもよくお伺いする訳ですが、実は同じくらい男性からも「写真と違う女性が多い」というのは必ず出るご意見です。特に、「(お相手の女性が)写真よりふくよかだった」というがっかりのお声はよく聞きます。

タイザノットの女性会員様はスレンダーな方が多いので、そこにはハマらないかとは思うのですが、ただ、自分がお相手に「写真と違うじゃん・・・」と思うように、お相手も思っている可能性も全然あるんだよ、ということ。

特に女性の場合は、今は加工アプリなどで自分の写真を加工するようなことが普通になっていることもあって、知らず知らずに自分の中の自己イメージが「加工された自分」になっていたり、若い頃のままの自分のイメージで、年を重ねた本来の自分の姿が自己認識としてアップデートされていない等、自分では気づかずに「自分を棚に上げている」ということは往々にしてあることです。私も人のことを言えない訳ですが。

女性の場合は、男性が多少お写真と違っても年収やお仕事、お人柄等他の要素が合格点であれば、また会ってみようかな、と思えるものですが、男性の場合は、外見が足きりラインになっていることが多いので(外見でがっかりすると、他の要素でカバーできない)、女性はより自分を厳しく客観的に眺めて、髪型・メイク・体型・ファッション等トータルをお写真のイメージに自分を近づける努力をして臨むことが、まずはお見合い対策のためにできる1番の努力です。

・・・にしても、平日の銀座は驚くぐらいガッラガラでした。まだまだ警戒する日々が続きますが、皆様もどうぞお気をつけてお過ごしください。

*ハイクラス・海外駐在員のための結婚相談所*

【タイザノットへの婚活相談はこちらから】

★公式LINEアカウントからも面談予約可能です!


★オンライン面談も受付中!ご遠方の方もお気軽にお問合せください。