年齢に関係なく、今の時代は、お相手の離婚歴は、殆どの方が許容していますが、「子持ちはNG」という方は、まだまだ多く
その理由は「養育費」の支払い中で、自分達の生活が圧迫されるのを避けたいというもので、金銭的不安がないなら許容するという方が一般的。

もちろん、離婚歴や子供の有無は、結婚する上で、大前提の条件なので、それに関してあれこれ言うつもりはないのですが
38歳以上の女性は、子持ちも許容していかないと、素敵な(←ここ大事)男性とのご縁は、相当難しいと覚悟をして欲しいのです。

素敵な男性は若いうちに結婚しています。
その方が、結婚生活で紆余曲折あって、40代になり子供もいるけれど、離婚して今はフリーでいる場合
一度も結婚せずに40代になってしまった男性より、魅力的である確率は非常に高いのです。
あくまで確率論でしかありませんが、ルックスはもとより、性格にも癖がなく、子育ても経験しているので(途中で中断せざるを得なかったとはいえ)、情も厚く、他人へのキャパも広い方が多いです。

反対に、ハイスペックにも関わらず、40代で独身の男性は、癖やこだわりが多いのも否めない事実であることは、婚活しているアラフォー女性なら、もうとっくに気づいているはず。

30代半ばくらいまでの女性なら、「離婚歴OK,子持ちNG」でも構いませんが、38歳以上の女性の場合には、「離婚歴・子供有(但し別居)」を許容していくことで、素敵な方に出会えるチャンスはグッと上がりますよ!

もちろん、「どうしても子持ちは嫌」であれば、無理して許容する必要はありませんが、40代独身男性は女性が考えている以上に、40代女性を拒んでいます。
本当はそれはもう悲しいくらいに、40代女性に価値を見出してはくださらないので、その男性達に必死にアプローチしていくよりも
子持ちの男性を拒否せず、フラットな気持ちでお会いになってみると、忘れかけていた「ときめき」だったり、「女性として大切にされる感覚」を思い出すことができ、意外とすんなりゴールに近づけるかもしれませんよ。

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加