海の日を含む3連休、皆さまは、どちらにお出掛けでしょうか?
夏を制する者が、婚活を制する!
毎年同じことを言っていますが、夏の努力が結果となって現れるのは、受験と同じ冬になります。
(受験は年明けですが、プロポーズは年内です!)

無駄な汗をかかなくて済むように、まずは目標(受験で言えば志望校)を具体的に設定することが大切。
偏差値50の人が、東大を目指して勉強をしたところで、先が見えてこないように
あまりにも無謀な目標を掲げてしまうと、やる気が失せてしまうので「努力すれば、ギリギリ手が届くレベル」を目指して、邁進するのがベスト。
努力して、自分がレベルアップしたら、お相手に求める条件も、上げていけばいいのです。

受験と大きく違うのは、自分のレベルを数値化できない為、現在の立ち位置を、正確に把握することが難しいところ。
とはいえ、お相手のレベルは、なんとなくわかっているはずなので、自分に対する評価も、本来は出来るはずなのですが、あまり考えたくないというのが本音ですよね。
年収300万の男性と、35歳以上の女性の価値が同じと言われても、「はい、そうですね」とは言えないものです。

そこでお勧めなのが、マーケティング。

IBJのお見合いシステム内で「会いたい」と言ってくださる方と、お気にリ登録してくださっている方(タイザノットでは、前波と田口が定期的にご紹介させて頂いています)は、自分が需要がある市場。お申込みをしても、全然OK頂けない場合は、そこには自分の需要はないということ。お見合いに限らず、職場や友達の中で、自分が憧れる異性と、自分に好意を寄せてくれる異性は違うことであるのも同じこと。

タイザノットのプレミアム紹介も同じで、前波と田口の友人ならIBJと違って、お会いしてくだささるということはなく、そこには「年齢の壁」が大きく立ちはだかり、40代の男性を40代の女性にご紹介できることは滅多になく、殆どが年齢差10歳前後のご紹介となっているのが実情です。

理想を下げる必要はありませんが、条件だけを追い求めるだけでなく、好意を寄せてくれる人にもお会いし、自分の売りや、アピールポイントを再確認していかないと、一向に前進できません。

また、ギリギリボーダーラインに乗せてもらえる人とだけ、お会いしているのも危険です。たとえば30代の女性が希望だけど、40代女性も「会うだけ会うか」という男性や、30代男性が理想だけど、40代の男性にも「会うだけ会うか」と女性等、お相手の条件にギリギリ合致している状態でお会いしても、よほどのことがない限り、成婚まではたどり着けません。やはりお相手の許容範囲の真ん中くらいに、自分が属しているかを把握して活動することが、成婚への近道なのです。

誰にでも譲りたくない条件はあるものですが、もしそれが「年齢」であるのならば、人生で一番若いのは「今日」ですので、他の条件をバンバン外していかないと、自分の首を絞める事になりかねません。年齢以外の条件が外せないという方は、年齢の許容範囲を広げましょう。自分磨きの努力をするより、年齢枠を外すことが何よりの近道です。

夏本番、暑い中のお見合いやデート(遠出デートも場所選びが大変です)はしんどいですが、ここを乗り切れば、素敵なクリスマスとお正月が待っていると信じて、一緒に頑張りましょう!

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪(ここから予約やご相談も可能です)
友だち追加