週末はIBJ主催の婚活パーティーで、参加者の婚活相談にのっていたのですが
お声がけした30代前半の男性から
「相手に求める条件がはっきりしているなら、相談所とかで活動した方がいいですかね?」
という相談をもちかけられました。

婚活パーティーのよさは、その「手軽さ」。
空きがあれば、当日参加も可能なので、友達同士でランチしてたけれど
夕方は一緒にパーティーに参加するというこだって可能なんです。

但し、どんな人がいるかは参加しないとわからない。
もちろん、サプライズ的に素敵な方に出会える可能性もあれば
参加者全員が、まるで好みと違っていたということもあるわけです。

一方、お見合いの場合は、予めお相手の写真付プロフィールを確認できるので
まるで対象外的な滑りがない為、パーティーと比べるとスタート地点が少し先であると言えます。

またパーティーは身分証明書のみの提出の為、年収や職業での偽証の可能性もありますが
お見合いですと、年収も男性は全員が証明書を提出しているので安心。

日曜日の「新婚さん、いらっしゃい」に出演していたご夫婦は
2年半くらいお付き合いしていたけれど、男性は女性に「医師」だと、ずーっと嘘をついていて
結婚直前にそれをカミングアウトしたのですが、嘘は職業だけでなく
離婚歴ありで、子供がいたという大きな事実も隠していたそうです。

女性は大泣きして(そりゃそうだ)、これから彼との関係をどうするか悩んだ末
「結婚する」決意をしたそうです。
理由は、お誕生日プレゼントにもらった手作りのペン立てを見て
(三枝さんには、医師じゃなくお金がないから、
プレゼント買えなくて手作りしたわけねと、突っ込まれていましたが)
「優しいところもある。私のことを大切に思ってくれている」
と考えることができ、今は幸せに暮らしているそうです💛

これは稀にみるいい話だったので、番組で取り上げられたのでしょうが
実際には、職業を詐称されていたとわかった時点で、別れる女性が多いような気がします。
「嘘をつかれていた」ことで信じられなくなった・・・と女性は主張するでしょうが
「看護師だと聞いていたけど、実は外科医だった」という逆パターンなら、
大喜びして結婚する女性が多いことでしょう。

昨日もタイザノットの男性会員から
「年収目当てにされるの嫌だから、少し低めの設定にして欲しい」と連絡がありました。

女性に求められるのは、プロフィールに惑わされることのない
「本物を見抜く目」であり、それはある程度、場数を踏んだり
客観的に第三者に相談することも大切なので、そんな時にはタイザノットを利用して頂けると幸いです。

東京のハイクラスな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪(ここから予約やご相談も可能です)
友だち追加