この仕事を始めてみて思うことは、

「結婚相談所(婚活)は、やったもん勝ち」

ということです。

“なんとなく抵抗あるし・・”とか“もう少し気持ちが固まったら・・”とか言っていると、あれよあれよと半年、1年と時間が過ぎ、そういう方が悩んでいる間に「とりあえず始めてみます!」とパッと決断しスタートした人はお相手が見つかっていきます。

「この年齢で始めても、あんまりお相手に会えないんじゃないでしょうか・・」とご心配をされる方もよくいらっしゃるのですが、今出会いがゼロの状況であれば、今よりマイナスになることはないのだし、活動すれば確実に出会いは増えるのだから、なぜ悩むのだろう・・・と正直思うところであります。

また、活動をする際には必ず会員の皆様にお話しいたしますが、一般的にどんな方であっても、百発百中ということはなく、10人お申し込みを入れて1〜2人にOKをもらえれば良い世界で、お断りされても全然ヘコむ必要はないのですが、そうは言ってもお断りされることが怖くなり、自分からお申し込みができなくなってしまう方もいます。(そういう方にはプレミアムコースをオススメいたしてはおります。)

そんな方々に本日ご紹介するエッセイは、こちら。

人生とは打率ではなく打数だ

たった数人お会いしただけで「もう素敵な人はここにはいない」と見切りの早い方もいますが、いやいや、幾ら何でもそんな打数で結論出すのは早すぎ!

打席に立つチャンスがそもそも今ないのであれば、相談所に入ればそのチャンスは確実に作れますし、入ってからもモジモジしていないで、どんどん打席に入ってバットを振ってください。打席に入ってさえいれば、必ず打てる球がやってきます。何もプロになろうという訳でなく、偶然当たった、たった一本でもあれば良いのですから(経験上、誰であっても必ず活動していると1回は間違いなくチャンスがやってきます)!