先日、前波がIBJブログに書いた記事『優秀な女性をパートナーにすべき理由』が反響を呼んでおり

『私もこれは得意です!でも、どうやって男性に伝えればいいか教えてください』と会員様から相談を受けました。

『子供の習い事、塾のマネージ、情報収拾、学校対応、習い事や勉強の時間の管理、家事や家計のやりくり、周囲との人間関係等は得意です!』と、そのまま男性に伝えたところで、『何のアピールしてるんだ、この女?』と思われるだけですよね。
婚活会話というのは、結局のところ、お互いの些細な言動の中から、未来を想像するしかないので、この記事にあるような『やりくり上手な優秀な妻になれる』という印象を与えたいのであれば、それを連想させる会話をする必要があるのです。

例えば、『仕事が忙しいから、家でお料理はあまりしていない』という女性の話を聞いて、『家事も子育ても親戚付き合いも上手にこなしてくれそう!』と感じる男性がいるでしょうか?

前波が書いたような優秀な女性というのは、独身時代も仕事をバリバリこなし、普段からパパっとお料理をするなんて序の口で、休日は友人たちと会って刺激を受けたり、キャリアアップの為に何かを学んだりして過ごし、長期の休みはリフレッシュの為にフラっと旅行に出かけている(誰かに誘ってもらうのを待っていたりしない)・・・そんな女性のような気がします。

某有名女性経営者が女性誌のインタビューで『女社長がモテる理由』を話していました。簡単に説明すると、女社長はお料理上手=段取り上手だからという理由で、男性の胃袋を掴むということより、『段取りのよさ=頭のよさ』を男性から評価されるという内容でした。それを読んだ独身時代の私は、自分で自分のことをモテると言い切っているその社長の発言に驚いてしまい(芸能人じゃないんだし・・・)、お料理のことまで深く考えませんでしたが、タイザノットの女性会員の方で、バリキャリなのに普段から自炊をしている女性の話を聞くと、『できる女』の印象が残るものなんですよね。

婚活会話というと、結婚の条件的なことを、お相手に質問することが大切と考えている方が多いのですが、条件の確認以前に、人として異性として魅力的だと思って頂く為には、想像力を働かせた会話をすることが必要で、それができるとお相手がどんな方であっても、デートが盛り上がり、自然と恋愛感情が芽生えて、結婚につながると言えましょう。

【タイザノットへの婚活相談はこちらから】

★公式LINEアカウントからも面談予約可能です!


★オンライン面談も受付中!ご遠方の方もお気軽にお問合せください。