先週はある会員様からとても良い経過報告をいただき、私たちもとても嬉しい気分になったのですが、そのお話を聞いて、仮に長い婚活になったとして、諦めずに頑張っていると、こんなにも素敵な人が出てくることがあるんだな、と思いました。

そして、もしお相手が本当に運命のお相手であるのであれば、彼女は彼と出会うために、彼が婚活を始めるタイミングを待っていなければならず、それまではなんだかんだと神様は彼女の婚活を長引かせたんだな、とも同時に感じました。

今日は何の根拠も無い、でも私自身の婚活で、あぁ、そうだったのかな、と思った話。

私も30代後半での結婚で晩婚だった訳ですが、まあ、それまでに付き合ったり別れたりを繰り返し、「・・・っていうか、私なにか前世で何かやらかしたのかね?」と、このスクラップ&ビルドの連続の中、果たしてどこかにたどり着くのだろうか・・・と、途中で途方に暮れていた訳ですが

夫と結婚したときに「あぁ、そういうこと?」とふと納得したのが、

「(そもそもこの人と結婚することがあらかじめ決められていたとするならば)夫がずいぶんとダラダラしていたため、タイミングを合わせるには私が足止めをくらわないといけなくなっていたんだな」

と夫の話を聞いていたら、妙に腑に落ちたのです。

夫はバツイチなのですが、そもそも彼が最初結婚した頃はまだ私は高校生ぐらいで出会いようがなく、途中海外駐在して日本にいなかったり、前の奥さんと離婚でドタバタしていたり、紆余曲折があってようやく全てが落ち着いたら、すぐに私と出会って結婚しているので、川の支流がそれぞれタイミングよく上手く合流するために、夫がゴチャゴチャ(?)している間に私の方がグルグルと寄り道をさせられていた、というような気がしてならない・・・。ほんとにさー、もう、やめてよねー。

何の根拠もない、スピリチュアルめいた話なので、婚活カウンセラーは占い師ではないですし、こんな話は基本的にしませんが、婚活が上手く進まなくて悩んでいる、かつての私のような会員様には、「運命の人はきっとどこかにいて、お相手のタイミングとちょうど合わさるときを待っているのかもしれないから、それまでもう少し辛抱して、諦めずに頑張ってみましょう」と、心の中で応援しています。

私ももう結婚やーめた、と途中であのとき自分で自分の流れを堰き止めてしまっていれば、どこにたどり着くこともなく、おそらく夫とも出会わず、今も独身だったかもしれません。

とにかく信じて、結婚を諦めずに頑張り続けること。
続けてさえいれば、必ずたどり着く場所があるように思います。

ハイクラスの結婚・海外駐在員の結婚なら会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加