このどこにもいけない夏休み、皆さまどのようにお過ごしですか??
我が家のお盆は、ギリ都内ということで奥多摩にニジマスを釣りに行き、

毎年定点的に撮影をしている家族写真を撮りに行き、

そして母の墓参り・・・となんとか息子をごまかしごまかし、そして今週からサマースクール→幼稚園へ!!(母、解放!!いえーい!!)

と、おそらく幼稚園が始まると、園バスに集まるいつものお母さん達と、「暑すぎて子供を外で長時間遊ばせられず、帰省もできない夏休みをいかに時間を潰して過ごしたか」で盛り上がることが予想できる訳ですが、

私は毎日の園バスの送り迎えの際のお母さんたち(全9名)の、VERYには決して掲載されないであろうリアルママライフの話を聞くのが割と好きです。

「うちは土日は一切料理しないよー。基本、外食〜」「うちもほぼテイクアウト!」とか、「パパが出張や夜遅い方が手が抜けるし助かるー。早く帰ってこられても逆に面倒くさーい」とか、家によっていろんなスタイルがあることを実感して面白いのですが、いづれにせよ、独身の頃にイメージしていた結婚生活よりもはるかにリアリティのある生活の姿がそこにはあり、

例えば「仕事が忙しくて帰りの遅い男性だと、子供が生まれたらワンオペになりそうでちょっと・・・」なんていう独身女性が悩みを吐こうものなら、

「ええ!!案外その方が楽だって!!」
「そんなの普通!普通!!私なんて親も近くにいない中で双子も育てて、今合計3人育ててるけど、できる、できる!!」

・・・とか、同じ時代で現在進行形で主婦をしている女性たちは皆「それ、なんとでもなる問題だから!」とケロリと即答してくれる(もしくは解決方法を具体的に明示してくれる)ような気がしています。

よく恋愛相談を独身の女友達にする方が多いですが、普通就職でもビジネスでも成功した人や先輩に話を聞くように、すでに経験した(している)人に話を聞く方が、何が大事で、何が大事じゃないのか、有益な生の情報を得られると思います。先ほどの話も、例えば独身の女友達に相談した場合、リアルな意見というよりもお互いにイメージ上の話になってしまい、「わかるー。ありえないよねー。私もそういう人無理―。」とかいう結論になりがちだと思うんですよね。。

つい既婚の友達には遠慮して距離を置いてしまうこともあると思いますが、そこそこ結婚生活を重ねているような先達に素直に相談してみると、案外「みんな、そんなもんかー。」というような話がゴロゴロ転がっているように思います。

もちろんカウンセラーに相談していただくのが一番なのですが、どうせお友達に相談するなら「ある程度結婚生活をしている」友達に素直に相談してみるのがオススメです。
(※新婚さんは一時的な?ラブラブ状態での物の見方になるため、もう少し落ち着いた状態でフラットな意見になっている人の方が良いと思います)

*ハイクラス・海外駐在員のための結婚相談所*

【タイザノットへの婚活相談はこちらから】

★公式LINEアカウントからも面談予約可能です!


★オンライン面談も受付中!ご遠方の方もお気軽にお問合せください。