とても綺麗で、頭も良くて、女友達から見れば何の問題もない女性たちが「なぜ結婚にまで至らないのだろう・・・?」と悩んでいることが多くあります。

キャリアが凄くて男性が負けてしまう・・・等も一因としてあるかもしれませんが、でも、ものすごいキャリアを持っている美女でも結婚をしている人はたくさんいるのも事実。

こういう仕事を始めて、周りの男性にいろいろ意見を聞いてみると、(仕事のできる男性ほど)女性のキャリアには寛容で、そんなことより

「瞬間に見え隠れする性格のキツさ」

に敏感に反応しているようです。

気が強い、負けず嫌い、ということは、決して悪いことではなく、スポーツ選手等もそうですが、そうだからこそ、がんばり屋さんで、努力家でもある訳です。

そうではなくて、長い社会生活で、普段はそつなく完璧なコミュニケーションが取れている女性でも、(無意識に)パッと相手の間違いや欠点をついてしまったり、(無意識に)自分を大きく見せようとしたり、(無意識に)仕事のクレームのようにキツい文句の言い方をしたり、瞬間に出る“キツさ”を男性は敏感に感じ取り、総じて「キツい女」(結婚したくない女)として敬遠するようです。

年齢を重ねる程、意識をして自分の“キツさ”=えぐみを削ぎ落していかないと、どれだけ美しく着飾っても、どうしてもアクのない若い女性たちに負けてしまいます。

早々に結婚した一見ほわっとした女性ほど、実は内面は芯が強くて、気が強かったりする訳ですが、それを表に出さないところが、女性としての賢さなのかもしれません。