週末は、コロナで外出自粛中にプロポーズを受けて、成婚退会された37歳の女性会員様のご成婚祝いをさせて頂きました!

緊急事態宣言が出る前に、真剣交際に入れたので、その後は粛々と交際を進めていくだけでしたが、1か月前から計画していた遠出デートも難しくなってしまい、プロポーズしようにもレストランが殆ど休業状態で、いつまで伸びてしまうのか少し不安な中、男性が『無駄に延長はしない』と当初から決めていたようで、当初の予定通り、お見合いから3か月でのご成婚となり、既に入籍もされました!

早い!!

このお二人、実はお見合い後、タイザノットの女性会員の方は、交際をお断りしているのです。しかし、他の方とお見合いをした結果『やはり、あの男性を断ったのは間違っていた!』と気づき、イレギュラーではありますが、『もう一度お会いしたい!』と男性側にお願いし、交際がスタートしたという経緯があります。

一度お断りしたお相手と、再度交際をスタートし、ご成婚まで至るケースは実はタイザノットでは初めてではありません。もちろん、もう一度交際することを、お相手がOKしてくださらない場合もありますし、気軽な気持ちでの復縁はお勧めしていませんが、今回の男性は『一度断った相手に、また会いたいと申し出るのは勇気のいること』だと考え、自分もしっかり対応しないといけないと感じたようでした。

お見合い後、毎週末コンスタントにデートができたいたことに関して
『LINEの返信に数日かかってる女性は、きっと自分の優先順位が低いのだと判断し、会うことに積極的になってくれる人を大切にしたいと思っていた』とも仰っていました。

この女性会員様は、並行交際が苦手とのことで、すぐにお相手を絞ってしまっていました。このやり方は賭けですし、1人に絞って、そのお相手とうまくいかなかった時のダメージが大きいのですが、常に仮交際相手複数とデートを重ねている方々より、成婚率は高く、成婚スピードも速いのも事実。

大切なのは、どれだけお相手に向き合うか。

友人関係と同じで、広く浅くお付き合いできる人もいれば、狭く深いお付き合いを好む人もいますよね。

どちらが自分に合っているかわからない方は、まずはタイザノットにご相談くださいね!

ハイクラス・海外駐在員のための結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★公式LINEアカウントからも面談予約可能です!


★オンライン面談も受付中!ご遠方の方もお気軽にお問合せください。