サッカーW杯、コロンビアに勝利しての白星発進で、梅雨空にも関わらず、晴れやかな気持ちで朝を迎えた方が多いことと思います。
私も、テレビで観戦しながら「コロンビア強そう(実際、世界ランクが全然違うし)」と半ば諦めながら応援していたのですが、2点目を決めた時には大興奮していました!

最近のJリーグ事情には疎い田口ですが、高校の卒業式後に、クラスで1人ずつ「今から10年後の自分」について発表した際、「J-リーガーと結婚して、W杯に行く」と語っていました。クラスの皆に笑われたので、よーく覚えています!中高時代から、好きなスポーツ選手にファンレター書いたり、千羽鶴送ったり、大学進学で上京してからは、人脈をたどって個人的に紹介してもらったりと、いろいろと手を尽くし、(私の中で)有名な選手にご飯に誘ってもらえる仲にはなりましたが、個人的にお付き合いするところまではいけませんでした。というよりむしろ「私なんかじゃ無理!」と現実を見たというか、己のレベルを知ることができた経験だと思っています。

どの競技の選手にも共通することですが、有名なスポーツ選手は、子供の頃から全国大会で活躍し、学校内でも目立ち、モテモテ人生を送ってきているので、彼女にする女の子の外見が超可愛いのは最低限。その上で内面を見ていくので、選ばれる女の子側も、昔から男の子に人気があって有名な可愛い子レベルじゃないと、土俵にも上がれないものなんです。これは彼らが語ったというより、私が自ら悟ったことでありました。

これはお見合い婚活の市場でも同じで、いくら理想を高く掲げたところで限界があります。タイザノットでは、「自分と同じレベルで妥協せずに、少しだけ上を見て努力する婚活」を推奨していますが、大切なのは「少しだけ」の匙加減であり、自分のレベルとかけ離れた人との結婚は厳しいのが現実。

難しいのは、昔の自分より中身はレベルアップしているのに、年齢が上がった為に、想像以上に恋愛市場でのレベルが下がってしまっているケース。年齢はどう足掻いても取り戻すことはできないので、考え方を変えていくしかないのです。

若さを失った分、お相手に自分が提供できるものは何か?
35歳以上の女性、40歳以上の男性は、この命題の答えが出れば、成婚はもうすぐそこですよ!

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪(ここから予約やご相談も可能です)
友だち追加